2012年04月03日

列車で旅する、映画で旅する

森田芳光監督の「僕達急行 A列車で行こう」をやっと観る。

・・・というのも、とにかく上映時間が合わない。
上映初週にして、仕事帰りにこの映画観ようとすると夜9時台。
これじゃ週末しか観れない!「会社員は観なくていいですよ」って事か。
その内に一日に1回~2回上映になり、いつの間にか終了。
映画人口が減ったと心配するなら、見やすい環境づくりをして欲しい。
観たくても時間が合わず、見逃す映画は多い。
誰だ?こんなメチャクチャなセッティングやる奴は!責任者出て来い!?

・・・と思いながら観た映画「僕達急行 A列車で行こう」は、
しかしホンワカした幸福感に満ち、鈍行列車でゆっくり旅した気分♪
鉄道ファンで無くても、好きなものに拘(こだわ)ったり夢中になった事がある人には
思い当たる節や悦楽が結構伝わってくる。




趣味を通じて知り合い、恋や仕事に頑張る姿を可笑しく描いたコメディー。

内容は実にたわいない。コメディだからと言ってしまえばそれ迄。
話も展開もベタ過ぎるし、趣味仲間同士がいちゃついてる感じ。
登場する人物名が列車名だったり、小指を噛む伊東ゆかりが不気味!だったり、
可笑しな外人二人組も、楽しいけれどワンパターン。

列車で旅する、映画で旅する

これを「あほらしい」と取るか、「楽しそう♪」と感じるかで、印象も随分変わってくるだろう。
ゆるネタや生ぬるい空気感・ほぼ思い通りの展開が、
コメディ好きにとっては思いのほか気分良く心地よい。
好きな慶子ちゃんも村川絵梨ちゃんも、少しだけど活躍してたし・・・

列車で旅する、映画で旅する

今の世の中にありえないようなセッティングに登場人物、
松山ケンイチと瑛太の主役二人のガツガツしないキャラクターに癒され、
取り巻く脇役陣の、何ともいい加減な調子良さも許容範囲。

「まぁ、いいじゃないか」「そんな固いこと言わないで」
「これからの時代の人間関係は、<趣味>を通して豊かになっていく」
お笑いネタやお遊びたっぷり、生あたたかい雰囲気が充満した
森田監督が肩の力を抜いて創った映画。

列車で旅する、映画で旅する

きっと続編も、監督の視野に入ってただろうなぁ。
同世代の趣味人として、もっと森田監督の作品観たかったなぁ。




Posted by 夜更かし中年隊 at 15:12 │人生いろいろ
この記事へのコメント
確かに見たい映画に限って時間帯が合わずにあきらめる時が多いですよね。
実は私、今年は鈍行列車でゆっくり旅にでようと計画してます。
Posted by 小山 at 2012年04月03日 16:52
いいですね、早いばかりが列車じゃない。
鈍行列車に揺られ、降りたい駅で降り、気ままな時間を過ごす。
そんなひと時こそ、今一番贅沢じゃないかと思います。

学生時代、山陰地方を鈍行に揺られて旅した想い出があります。
その時の記憶は、今でも結構残ってます。

先生の鈍行列車の旅が、いい想い出に包まれん事を♪
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2012年04月04日 22:49

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人