2012年03月21日

再会はご先祖様のお導き?

午前中から叔父さんの初七日へ、終わって家に到着したのが昼3時。
それから、今日はお彼岸なので久々家族でお墓参り。

「親父・お袋、あの世で仲良く達者でいるか?
 荒木の叔父さんもそっちへ行ったんで、宜しく頼みます。」


 ▲天気も良くて、お墓からの橘湾もスッキリ!

お墓を下っていると、他所でお墓参りしてる人から
「すすむちゃん?(この年齢になっても!)」と尋ねられる。
「えっ、どちらさんですか?」
「隣のH電気にいた者ですけど・・・」

話は約45~50年程昔に遡る、オイラがまだ小学生から中学生時代。
我が家の隣はH電気店で、工事等で従業員を雇い繁盛していた。
この地域でも一番にTVを購入、隣でプロレスや相撲を見せて貰っていた。
K雄ちゃんという3つ程年上の先輩がいて、近所でもあり皆で一緒によく遊び回っていた。
ジョンという人懐っこい犬もいたなぁ。
そう、まるで「3丁目の夕日」の世界の様に・・・。

お墓で声を掛けて貰ったのは、
その時代に隣の電気店によく遊びに来ていた親戚の人だった。
「K雄ちゃんはどうしてる?」と尋ねると佐世保にいるらしく、連絡先を教えて貰う。



早速、夜電話を掛けると叔母さんが出られた。
「宿町の大町ですけど、K雄さんいますか?」
「大町さん?あら、すすむちゃん?」・・・
電話に出られたのは、K雄ちゃんのお袋さん。
86歳で電話口でも矍鑠(かくしゃく)として元気で健在、嬉しかった。
それからは近況に始まり親父やお袋・近所の話に昔話と、語り始めれば話は尽きない。
お店をやってるK雄ちゃんにも連絡が取れて、
お互い懐かしい話に花を咲かせ、再会を誓う。



電気店の親父さんが亡くなり、隣の電気店も数年後には農協に。
それも2年前、賃貸マンションへと二転三転。
景色は変わっても、幼い頃の想い出は何故か記憶に残っている。

お彼岸のお墓参りから、昔懐かしい幼馴染との電話での再会。
これもご先祖様の有難いお導かと、
人生の思わぬ巡り合わせに感謝・感涙・感激の一日だった。




Posted by 夜更かし中年隊 at 01:03 │人物探訪

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人