2012年01月27日

タフでないと耐えられない?映画「ヒミズ」

ヴェネチア国際映画祭で映画「ヒミズ」に出演した染谷将太と二階堂ふみの二人が
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に輝いたり、
「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」「恋の罪」等で何かと話題の園子温監督作品。



ちょっと期待して、会社からドタバタしながら18:35~の上映に駆け込む。

いやぁ~、参ってしまった(^_^;

やたら繰り返される排他的な暴力・絶望感・衝動殺人・不可解な人間達・・・
見入る程に気分はすっかり滅入って、後悔することしきり。

古谷実のコミックスを映画化した衝撃と感動の思春期ドラマ!?
「ヒミズ」(日不見)とは、地中にトンネルを掘りミミズや昆虫を食ベ地上も出歩くモグラ。
  ※ちなみに「ヒミズ」のもう一つの意味は、淡路島や佐渡で12月13日のこと。
   吉凶を見る必要がない吉日で、正月の準備を始める日だとか。


 ▲これがヒミズ

家庭崩壊の中で育てられ、未来に絶望している少年。
似た様な環境の孤独な少女との出会い、ホームレスの大人達との交流を通し、
やがて「希望」へ向かって歩み始める・・・

東日本大震災をバックに描かれる世界はリアルではあるが、
ここまで絶望的世界を見せつけられると、ひょっとしてフィクション?なのかと思う。
しかし、結末はファンタジーだった。



「生きろ」と、君が言った。
これが、この映画のキャッチコピー。

「普通の生活・日常」さえ夢見ることが出来ない魂の彷徨。
夢か現実かも不可解な世界が、これでもか!とハイテンションで描かれる。
「冷たい熱帯魚」の暴走気味の演出も忘れ難いが、
こちらの暴力性・絶望感もまた衝撃的!

タフでないと映画も見ていられない時代です。





Posted by 夜更かし中年隊 at 02:01 │震える~シネマ
この記事へのコメント
年末年始にかけて、特別どこへも出かけなかったので、数本の映画を借りて夫婦で鑑賞したのですが、

「告白」

重かったです。その原作・シナリオと松たか子の演技には期待していたものの、それ以上にヘビーでした。確かにタフさが必要ですね。
同時に「ナイト&デイ」と「ヒックとドラゴン」を借りていなかったら、打ちのめされるところでした(笑)。
Posted by いーじー(松坂)いーじー(松坂) at 2012年01月27日 23:07
「告白」のヘビーさは原作で充分解ってたので、
映画は予告編でもミュージカルらしきシーンもあるし、
中島哲也監督の冴え渡る演出をたっぷり楽しみました。

予備知識無しで観ると、重いだろうなと思います。
それにしてもこの暗さは世相のせいなのかな?
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2012年01月28日 01:59

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人