2012年01月26日

有難きかな恩師の教え

新聞の読者欄に、恩師からの言葉が掲載されていた。
65歳の教え子達に贈られたという、恩師の「青春の詩」。

歳月はしわを刻むが、それだけで老いることはない。
理想と情熱を失う時、初めて人は老いる。
人は信念と共に若く、疑念と共に老いる。

「希望や夢を持ち続けることの大切さ」の叱咤激励に、元気づけられたと言う。



自分にも何かと頼りになり、いろんな教えを請う先生がいる。
昔は先生と生徒の師弟関係が、年齢を重ねると共に同胞みたいに思えてくる。
恩師は恩師・先輩は先輩なのだが、高齢と共に歳の差などあまり気にしなくなる。
畏敬の念はまだあるのだが、もうお互いに年齢差を超越して
同じ時代・同じ経験をし生きてきた仲間のような・・・

吉田拓郎の歌にも「青春の詩」ってのがありましたね。

♪喫茶店に彼女と二人で入って
 コーヒーを注文すること
 ああ それが青春・・・

懐かしい歌詞、忘れられないメロディ。
そういうことに、心ときめいていた時代もあったんだね。
NBCラヂオでやってる坂崎幸之助・吉田拓郎の「オールナイトニッポンGOLD」。
いい大人が馬鹿なことをを気ままに語り合うオヤジトークが楽しい。



一つのキーワードから、記憶と共に青春が甦る。





Posted by 夜更かし中年隊 at 00:26 │人生いろいろ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人