2011年11月28日

鬼はいないか?

知らぬ仏より馴染みの鬼」、諺カレンダーで初めて知りました。
よく知らない仏のような人より、多少鬼のような人でもよく知っている人が頼りになる。
鬼のような人の比喩が、どの程度の鬼振りかは気にはなりますが・・・
「遠くの親戚より近くの他人」はよく耳にしますが、同じ系列の言葉になるのかな?
近くにいても鬼のような人とは、あまり係りたくありませんなぁ(^_^;

鬼つながりで「鬼も一八、番茶も出花
どんなに器量が悪くても年頃になれば娘らしくなり、男女の機微も理解するようになる。
急に色っぽくなったり、正装すると見違えるような時があります。
これ迄平凡な女優さんも、監督さんや演出次第で急に輝き出したり。
女性は魔物!?でも、その変化も楽しみです。
チョイと意地悪で酷い言い方・表現ですが、
鬼瓦にも化粧」(どんなに醜くても、化粧次第で美しくなる)ってのもありました。


 ▲最近はこんな変わった鬼も・・・

鬼も寝る間
どんな人間にも必ずスキはあるということ。
恐ろしい鬼でさえ、必ず眠っている時はあるという事からきているらしい。
今日の大相撲のトリ・白鵬×把瑠都戦がそうでした。
貫禄の相撲内容で14連勝中だった白鵬が、勢いのない把瑠都に敗れた。
落とし穴は何処かにある、調子良い時程要注意!
「鬼も寝る間」があれば「鬼の居ぬ間に洗濯」って手もあります。

鬼の霍乱(かくらん)」普段はきわめて健康な人が、珍しく病気にかかることのたとえ。
「霍乱」とは日射病・暑気あたりのこと。
「部長が入院されたと聞き、鬼の霍乱だと思い飛んできました。」
なんて使い方は間違い!目上の人に対して直接使うのは失礼にあたります。
ここら辺が日本語の難しさ、慣れて覚えるしかありません。

「鬼」に関しては、まだまだ色んな慣用句・諺があるようです。
早く「鬼を酢にして食う。」ようにでもなれば「鬼に金棒」なんですが。(^-^)




タグ :ことわざ


Posted by 夜更かし中年隊 at 02:14 │震える言葉
この記事へのコメント
「知らぬ仏より馴染みの鬼」なるほど
初めてしりました。勉強になります!(^^)!
Posted by ryu3ryu3 at 2011年11月28日 17:56
ryu3さんの周囲には、意地悪な鬼みたいな人いないでしょ?
オイラがryu3さんの人生勉強の為?、鬼になりましょうか?
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年11月28日 18:24
勘弁してくださいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
Posted by ryu3ryu3 at 2011年11月29日 18:07
逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年11月29日 23:06

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人