2011年11月16日

公衆電話、あれこれコール

先日ブログでトイレマップや公衆電話マップ関連の川柳を掲載しましたが、
今日の新聞で「公衆電話大震災で脚光」の記事発見!


 ▲いざ!となると探すのが大変

公衆電話」は携帯電話の普及に伴い、
全国で1984年約93万台あったのが、2010年には約25万台と4分の1に減少。
採算ラインの月額4千円未満の公衆電話は、撤去の運命にある。
それが東日本大震災を教訓に見直されているらしい。

3.11の震災時に、携帯電話通信が通常の50倍になり混雑で繋がりにくくなった。
その時「優先電話」との位置づけで通話制限もなく、
回線寸断さえなければ災害時にも繋がり易い公衆電話が大活躍した。


 ▲こんな目には誰でもあいたくないが・・・

この災害時に強い利点を活かし、
東京ではコンビニ等に無料で利用できる「非常用公衆電話」の設置を進めたり、
名古屋では24時間の利用が難しい商業施設の公衆電話を屋外へ再配置している。

大事故や災害時に、安否の確認や帰宅困難の連絡等で活躍する「公衆電話」。
有事に備え、町や地域・施設で公衆電話を常設したり、
公衆電話マップが必要になる時が本当にやって来る気がします。

201

公衆電話と聞いて、「おけいちゃん」こと松山恵子昭和34年のヒット曲
お別れ公衆電話」を想い出すオイラは、チョイとセンチメンタル?


 ▲さようなら さようなら お別れ電話の せつないこ~と~ば~♪





Posted by 夜更かし中年隊 at 02:32 │なるほど~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人