2011年11月13日

普通の生活、頼りになる人

3.11東日本大震災の以前・以後では、色んな意識が変わった。

生活上での自粛ムードから旅行やレジャー等をしばらく取り止めたり、
未解決のままの放射線/放射性物質漏れの問題から、
原発に対する意識の変化や電力不足による節電意識の高まりであったり・・・
以前よりニュースや新聞をよく見るようになったり、
防災用品を準備したり、食品購入時に産地を気にする人も多くなっている。


 ▲衝撃は精神的変化をもたらす

変わったものの一つに、結婚願望が強まったというニュースがあった。
これは今回の東日本大震災だけに限ったことでなく、
阪神大震災やアメリカ9.11テロ事件後にも見られた現象だという。

誰れでも震災や大事故・生命の危機を感じるような状況や衝撃にあうと、
頼りになる相手を求めたり、幸せになりたい気持ちが強くなる。
何かあった時、傍に信頼出来る人がいたら、どれだけ安心だろう・・・
何かあった時、頼れる人がいないという孤独感を味わいたくない・・・
その結果、結婚紹介所への駆け込みや婚約・結婚指輪の売り上げが増加する。


 ▲結婚は始発駅?終着駅?

そうした一方で、離婚相談が増えるのも事実らしい。
深刻な問題や事態が生じた時、配偶者や相手との意見・考え方の相違が発覚し、
どうせ残り少ない人生なら、一人で気ままに生きて行きたいと思うそうだ。

物事には裏と表があるのが普通なんで、結婚・離婚両方あって当然かも知れません。
今まで普通だと思っていた人生にさざ波が立って、これからの人生をどう目指すか・・・
震災や事故がそのキッカケを作ったに過ぎない。


 ▲普段から同じ方向を見つめ一緒に歩むことが大切

危機感に対する意識も歳月と共にやがて次第に薄れていき、
あの未曾有の災害は意識下にあっても、また普通の?慣れた生活に帰っていく。
今まで同様普通の生活がしたいのか、これまでとは違った生き方をしたいのか、
ターニングポイントに立った時、傍にいて欲しい人は・・・?

危機的状況で始まった恋愛は長続きしないというから、楽観も出来ませんが。

【今日の一言】
大事なことは7分の真面目、3分の気まま。」 作家:古井由吉





Posted by 夜更かし中年隊 at 07:41 │人生いろいろ
この記事へのコメント
ターニングポイントに立った時、傍にいて欲しい人は・・・?
ん~考えさせられました。
Posted by 小山シュウ at 2011年11月14日 13:29
小山先生、元気ですか?

一度人生の辛酸をなめた人がよく語るのは、
底辺に落ちた時こそ本当の人の度量や温かさが解るという話。

困った時・大変な時に共に乗り越えて行くべきなのに、
夫婦だろうと今はそういう時に別れてしまう人が多い。
情が無いというか時代がそうなのか・・・寂しいですね。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年11月15日 00:10

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人