2011年09月03日

小さな目・大きな心

女性が男性に求める項目で、「高収入」と並んで必ず上位にくるのが「優しさ」。
恋愛するにも結婚するにも、
まず優しくなければ、スタート地点から対象相手として外されてしまいます。

それは男性でも同じ、やはり優しい女性は憧れ196です。
いつも笑顔であたたかくつつんでくれる・・・そんな女性が、男性が、果たしているのか?
多分、いるんでしょうね、何処かには(^_^;


▲大人の恋愛モノで勉強

「優しさ」を相手や人に求めるだけでなく、何処で、何に「優しさ」感じるのか?
そんな、発見する喜びを育む授業が行われている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【現場の視点】

「街に出て『優しさ』を見つけてきて下さい。」

小学3年の社会科。
教師は校区内の人たちに協力を呼びかけて、
従来の「どこに何がある」というだけではない、そんな授業を試みた。

子供たちはいろんな優しさを見つけてきた。

「ミシン屋さんが優しい。」と言った子は、「修理するところが優しいと思う。」
「街灯も優しいよ。」と話す子もいた。
この子は夜、真っ暗なのが怖く電気がついていると安心するという。
明かりに優しさを見つけた。

別の子は、保育所の窓ガラスに張ってあった段ボールを見て優しいと思った。
「迎えのお母さんが早く来る子、遅く来る子といろいろいる。
遅い子にとっては、早く迎えに来るお母さんを見ると、さびしい気持ちになるから。」
それで段ボールを付けた、と保母さんから聞いたからだった。

小さな目・大きな心

子供たちの感性は本当に「豊か」だ。
きっと、こんな授業が出来る教師も同じなんだろう。

実際の教育現場では、さまざまな取り組みと実践が続けられている。
問題の処方せんは決して「上」から押し付けるものではない。
                         〈引用:憂楽帳〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モノを欲しがる小さな子供に、直ぐ買って与えるのも優しさ。
我慢をさせ、忍耐を教えるのも優しさ。
子供が本当の「優しさ」を理解できるのは、いつになるのだろう?

「優しさ」と「厳しさ」、相反するようでも
長い目で見ないと、ホンモノは見えてこないのかも知れない。




Posted by 夜更かし中年隊 at 03:45 │人生いろいろ
この記事へのコメント
私も子供を叱ってるとき、実際に今、子供に対して

怒ってるのかな?それとも叱ってるのかな?とふと

思うことがあります。「優しさ」と「厳しさ」簡単そうで

難しいですね。
Posted by ryu3 at 2011年09月03日 15:52
ryu3 さん

特に初めての子育ての時などは、親自身が迷ってる時がありますね。
子育てを通して親も育てられてるんだなぁ、と感じます。

子供には親が大きな愛情さえ持って接していれば、
いつかは解ってくれるんだろうと思っていますが、
楽観的過ぎるかな?(^_^;
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年09月04日 09:49

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人