2011年08月29日

西の軽井沢?雲仙よいとこ

またまた、行ってきました温泉旅がらす110
橘湾を右手に見て、景観抜群の海沿いの車道をス~イスイ快走。


 ▲雲仙岳は雲が掛かり涼しげ

今回は、下界?とは5度も温度差がある避暑地「雲仙スパハウス」。

ここには温泉施設と共に、吹きガラス体験工房もできる「ビードロ美術館」も併設。
19世紀の世界のガラス約300点をコレクションしたというガラス製品展示と
お土産品コーナーも広々と充実していて、一度は覗いて見る価値有りです。



温泉には大浴場、屋久杉風呂、日替わり風呂、サウナ、露天風呂、
岩盤浴、マッサージルーム、飲食等の施設もあり、
オイラはここの2000年の屋久杉を使った湯船が、大のお気に入り♪


 ▲2000年の屋久杉風呂でタイムスリップ

この屋久杉風呂に1人で浸かると、2000年の太古への想い・悠久のロマンを感じます。
その樹歴から、健康増進と家内安全の効能も・・・と、ちょっと贅沢気分。

TV付きサウナは広めだし、水風呂も山頂に近い為か冷え冷え~。
サウナでは隣で叔父さんが二人、多分近所同士なんだろう
方言丸出しで熱心に!近場の長崎・諫早・小浜・雲仙の温泉談義やってました。
「ああ、温泉はこの世代の楽しみの一つなんだなぁ」と納得。
気分転換・ストレス解消にもいいからね。

日替わり風呂は「よもぎ」、お湯がちょっと熱めで入れませんでした。
露天風呂は緑に囲まれた岩風呂風、冬に入るには長い階段もあって覚悟!が要りますface02



お風呂に2時間ゆっくり浸かって、温泉タマゴ食べて、湯せんべい買って・・・が定番。

出来るなら、バカンス映画の秀作「避暑地の出来事」(1959年・米)みたいに
雲仙避暑地でトロイ・ドナヒューに変わって、色恋沙汰の出来事に・・・

2000年の屋久杉風呂愛好家にしては、ミミッチイ夢物語?(^_^;





Posted by 夜更かし中年隊 at 07:49 │いい湯だな♪
この記事へのコメント
わー雲仙まで!アクティブですね~^^
それにしても立派な湯船です
天然の屋久杉なんていい香りがしそうでいいですね~♪
Posted by あいちょんあいちょん at 2011年08月29日 19:33
あいちょん さん

雲仙には月一回位は行ってます。
2000年の天然屋久杉風呂、ぜひ体験して下さい。
森林に包まれてるような雰囲気にもなります。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年08月29日 20:42
リッチ感覚いいですね!! 湯船につかりながら人生を洗濯したいもんだ(笑)
Posted by ryu3ryu3 at 2011年08月30日 01:33
ryu3 さん

世の中じゃなく、人生の洗濯ですか?
龍馬が生きて2000年の屋久杉風呂に入ったら、何と言うかな?

「旅の楽しみは、その道中にある。
 人生も旅なら、その楽しみは日々生きる中にあるんぜよ。」

600円そこらで2~3時間楽しめる温泉は、贅沢じゃないですよ。
贅沢気分が味わえるだけです(^-^)
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年08月30日 10:38
雲仙に月1回のペースですか??
アクティブですね!!
雲仙にはひさしく行っとらんとです。
硫黄のにおいを嗅ぎたくなりました(^ ^)
Posted by のらんば大志 まっつん at 2011年08月30日 17:19
久しぶり、 のらんば大志 まっつん

若い内にアクティブに動き回らんといかんぜよ!
千々石から雲仙への近道コースも、
二車線部分が増え走り易くなって来ました。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年08月30日 19:52

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人