スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年10月08日

「長崎くんち」に陰乍ら初参加

10月7日・8日・9日は秋の大祭「長崎くんち」。
今年は知人の紹介で踊り町〈新大工町〉の手伝いをする事に。

新大工町の演し物は「傘鉾」・「詩舞(しぶ)」・「曳壇尻(ひきだんじり)」。
・・・と言っても演じる方ではなく、裏方?の〈詩舞庭先回り〉の要員「旗持ち」。
〈詩舞庭先回り〉はもみじ組・松組の二組に別れ、3日間で約1000件回る予定。
〈庭先回り〉とは市街の事業所や官公庁・民家の入り口(庭先)で、
敬意を表して演し物や踊りの一部を呈上すること。
福をお裾分けしたお礼に「御花」というお祝い金を戴くシステムで、
この「御花」が長崎くんちで奉納する貴重な財源となっている。

さて、〈詩舞庭先回り〉の集合場所は「御旅所」近くの大波止だった。


 ▲大波止の「御旅所」中央で演し物が奉納される

「御旅所」とは諏訪神社からお下りになった神様が、
10月7日・8日の2日間だけ御逗留になる場所。
界隈には露店が多く立ち並び、お祭りを一番堪能できる賑やかな場所かも?
その「御旅所」もほぼ満席で、演し物が「今か、今か」との待ち状態。


 ▲「御旅所」前で待機する曳壇尻

一端始まったら夜9時過ぎの終了時間迄、ほぼ歩き通し。
仕事でいつも一万歩以上は踏破しているので、
余程急な坂が無い限り大丈夫!の自信はあった。
「終わったら、きっと痩せてるよ」と数人から聞かされていたが、
夜風呂上がりに計測したけど以前と大差なし。
こんなアラカンでも、喘息時以外は意外にタフなのかも?

「長崎くんち」に初参加させて貰って一番感じたのは、声援・応援の有難さ。
演し物が披露された時の「モッテコ~イ」「ショモ~ヤ~レ」等の掛け声。
「お疲れ様」「ご苦労様」の労(ねぎら)いの言葉がとても有難かった。
知り合いがわざわざ応援に駆けつけてくれたのにも感激した。


 ▲新大工町の傘鉾

そして何より、参加して初めてわかる祭事の大変さ。
どんな行事でもそうだが、一大イベントの陰では
陽に当たらずとも裏で支える人達が大勢いる事を再認識させられた。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 14:14人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2015年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人