スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年10月01日

「末永く後世に」残せるか?

NN新聞読者投稿欄〈こだま〉に掲載されていた記事で、
タイトル「安倍首相の名 末永く後世に」から首相への賛美か?と思いきや、
その逆説的手法にハッ!とさせらた。

175

安倍首相の名 末永く後世に」 ~福岡:大津さん~


 ▲眠ってる場合ですよ♪

日本国民のためでなく、米国のために前代未聞の法律を作った人、
そのため、日本国民より先に米国議会でその法律の制定を約束した人、
そう言われても恥じない人。

国会を解散し、信を国民に問うべき重要な法律だったのに、しなかった人。
歴代の総理大臣が守った憲法解釈を、勝手に変えてしまった人。

憲法学者の大半がが違憲と言い、
国民が各地で反対デモを起こしても自分のわがままを通した人。
公聴会を設け、国民の意見を聴く機会を設けたものの、全く参考にしない人。
戦争の抑止力になると言いながらも、テロの攻撃には何ら対策を持たない人。

国会質疑で野党の質問に答弁が二転三転、
とても法律として通用しないのに強行採決した人。
数に任せた手法で日本を壊した人。

あなたは末永く後世に語り継がれることでしょう

194

民主主義は、いろんな意見を戦わせる政治。
施政者の舵取り次第で、国はどっち方向にも動く。



その施政者を選んでいるのは、国民の一票・支持次第。
次回の選挙で、その信を問われるのは国民。

権力者は自分の都合で道徳を作る。
 都合が変われば、道徳も変わる
。」 ~北野武著〈新しい道徳〉~  


Posted by 夜更かし中年隊 at 21:08震える新聞記事
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2015年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人