スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年08月06日

大人になってなりたいもの

今週の教訓カレンダー「子供の頃なりたかったものは?



小学生の頃を振り返って思い出したのは、教育実習の先生の授業で
〈映画監督〉や〈新聞記者〉になりたいと作文で書いた記憶。
ドラマや本の影響だろうが、どこでどう変わって行ったのか?
そういう時代もあって、いろんな時を経て今がある。

「おとなは、だれも、はじめは子供だった。
 しかし、そのことを忘れずにいる大人はいくらもいない。」 ~サン・テグジュペリ~
  子育てしてる時は、よく〈自分が小さい頃は・・・〉ってよく思っていた。
「幼年時代の思い出から得た神聖な貴重なものなしには、
 人間は生きてゆくこともできない。」   ~サン・テグジュペリ~
心の中に、夢をしまっておく場所をあけておけ。」  ~マーティン・ルーサー・キングjr~
  車のハンドルと同じで、〈遊び〉や〈余裕〉のスペースはあった方がいい。


 ▲何でもギスギスにしちゃいかん

小さい頃夢見た漫画やテレビのヒーローに憧れた子供が、
いつしか我が子のヒーローになっている・・・というのも、いい巡り合せかな?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 11:14人生いろいろ

2015年08月05日

新聞も見出しが大事♪

毎日の新聞を何処から読み始めるか?

まず一面の新聞紙名からトップ記事、そして今日の紙面案内へ。
自宅は一紙だけ、勤務先では7紙あるので新聞名を確認する様になった。
ページを捲っていくとレイアウトや編集方法等で、
大方どの新聞か?は次第に解るようになるから不思議だ。
スポーツ新聞の、あの見出し記事の派手さとコピーセンスも面白い。

情報量が多いだけに、全面広告以外は見過ごす記事も多い新聞。
そんな時、一面掲載の〈今日の紙面〉は興味ある記事が直ぐに探せて便利だ。
ちょいと前のNN新聞、この見出しにも食指が動いた。


 ▲新聞も見出しが大事

電車内に残した粋な善意
政界の混迷はじめ事件や事故といったままならぬニュースが多い中、
〈粋な善意〉とは果たして何?と興味がムクムクと沸く。

ページを捲ると「青空」あなたの物語というコーナーの中で、
心晴れる粋な善意」の大文字に、
鹿児島市電〈万年さつまおごじょ〉さんに感謝」の白抜き文字。

100

4月25日電車の運転席にA4の茶封筒が置いてあり、
持ち帰り中身を確認すると25万円と一枚の便箋が入っていた。
「久し振り電車に乗っ時、〈かえるの傘〉がないことに気が付きました。
 勤め帰りにお世話になった〈かえるの傘〉はやっぱり必要。
 買える分買って下さると幸せです。 ~万年さつまおごじょ~」(略)


 ▲これが掲載記事

これに対応して電車側から〈さつまおごじょ〉さんへ、
感謝を伝える文書を5月中旬から車内に掲示。
「あなた様のご厚意に深く感謝申しあげます。
 きちんとした取り扱いを経た上でご厚意をお受けしたいと考えておりますので、
 今しばらくお待ちくださいませ。
 本当に有難うございました。 ~鹿児島市交通局電車事業課 一同~」(略)
市電に掲示されている感謝の文面も添えられている。

現金25万円はまず鹿児島中央署へ取得物として届けられ、
保管期間3ヶ月を経過すると市が譲り受け、傘を購入し思いに答えると言う。
ちなみ〈かえるの傘〉とは傘を持たない乗客が急な雨等で困った時、
自由に使えるようにと忘れ物の傘を利用して車内に置いた傘。
今ではバス等でも見掛ける〈人を思いやる善意の傘〉。

タイガーマスクの〈ランドセル〉といい、
万年さつまおごじょの〈かえるの傘〉といい、
まだまだ優しい気持ちを持った人達がいてホッ!とする。
新聞にはこうした〈いいニュース〉〈ホッとする記事〉を、もっと増やして欲しい。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:13震える新聞記事

2015年08月03日

昼間からチョイと贅沢「薬膳料理」

暑い夏を乗り切ろう!と長崎食さるく「長崎の薬膳に参加。
色んな方との縁あって、この〈食さるく〉も数回目。
いつも満足・満腹状態で終える恒例催事、さて今回は?



東洋医学の食養生と食生活のバランスについて学び、
長崎の食材を使った薬膳料理と堪能できる・・・との触れ込み。
   講師:薬剤師 手嶋敏子氏(※人生を謳歌している頼もしい?先生)
   日時:8月1日(土) 11:30~14:00
   場所:ホテルニュー長崎
   料金:5,000円

8人掛けのテーブルが8つ、参加者は優に60名超えの盛況。
会場眼下には、建設中の長崎県庁や三菱重工・長崎港が拡がる。



指定された席に着くと氏名札迄あり、まるで結婚式並み。



先生が旬の食材を使って考案した今回のメニュー表はじめ、
薬膳の案内・専門的な資料・新薬品のサンプルも配布されている。

108

手嶋講師の薬膳の説明があって、先ずは食前酒の「山桃酒」から。
オイラは夜勤務日なので、残念ながらこれは連れにパス。


お次は「季節の冷菜七種盛り合わせ」。
黄瓜・鮎・若鶏・クラゲ・夏野菜・ポーク・ワカメ麺に趣向を凝らした味付け。


「ふかひれ入り四川風辛みスープ」


「ソフトシェルクラブの豆鼓ソース炒め」
ソフトシェルクラブとは脱皮直後のカニのこと。
成長途中の柔らかいカニを食する罪悪感がちょっぴり・・・


「牛舌の柔らか煮 カリカリパン添え」


「水イカのボイル 特製ソース添え」
ソースを除けば、今回一番超シンプルなメニュー。


「豆腐と茄子のピリ辛ソース掛け」
これは殆ど〈麻婆豆腐〉の味。


「海鮮二種とオクラの広東風揚げ物」
中華料理でよく〈広東風〉〈四川風〉と言われるが、
極端に言えば〈広東風〉はまろやかな味付け・〈四川風〉は辛いんだとか。
〈広東風〉はあんかけに代表される味、〈四川風〉の辛さは唐辛子風味らしい。


「クコ・山芋・生コーン入り赤米のお粥」


「桃のコンポート 金木犀ソース フルーツ添え」
中華風だからデザートもケーキじゃない?


配布された〈長崎の薬膳 御席〉メニュー表隅には
「ホテルニュー長崎 中国料理桃林 溝田正利謹製」の文字と印。
真っ昼間から、こんな贅沢メニューをいいのかな?」と思いながらも、
次から次への趣向を凝らした〈マイウ~!〉な料理を完食。

今回も「長崎の薬膳料理」を大満足で戴きました♪  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:41うまいもの

2015年08月01日

「母と暮せば」ロケと有難き友人

先月12日のエキストラ参加の件では、タイトル名も出演者も内密だった。
  ◎ワンダフル土曜日のアルバム
   http://hayaoki1951.noramba.net/e269644.html

長崎でクランクアップを迎え地元新聞に掲載される位だから、
もう固有名詞公表も時効だろう。
山田洋次監督が井上ひさしさんに捧げて長崎を舞台に描く「母と暮せば」。
吉永小百合・二宮和也が親子役で出演している。


 ▲「母と暮せば」HPより http://hahatokuraseba.jp/

ここに来て又々新たな展開が!

係員から「情報が漏れるとロケ中止も有り得るので、内密に!」との戒厳令下、
エキストラ参加したロケ地が、たまたま懐かしい我が社の浦上車庫。
後輩社員が要員で結構現場にいて、オイラのエキストラ姿に驚いていた。
その社員の一人YさんがLINEで知らせてくれたのが、
先週25日土曜日の地元新聞「母と暮せば」3ページにわたる特集記事。



「掲載写真に写ってましたね」と言われその日の新聞を拡げると、
〈よくもまぁ、こんな小さな写真からオイラを発見したものだ!〉
と感心するやら、探究心が鋭いのやら・・・


 ▲本人さえ拡大鏡がないと気付かない新聞写真

現地で撮影風景を観察していたから、後輩も見つけてくれたんだろう。
持つべきものは友」だなぁ、有難いものだと感心していたら、
その「母と暮せば」長崎ロケ特集記事に同伴した家内が映った写真が2枚、
オイラより大きく掲載されていたのに2度ビックリ!
いやはや世の中、意外な展開が待っているものです。

先ずは何より、後輩Yさんの情報に感謝せねば!
有難きものは友人なり。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:25人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2015年08>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人