スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年05月09日

天気の良い日は陽を浴びて♪

8日の朝11時頃網場方面で火事が発生し、
地域への緊急連絡放送や消防車のサイレンが騒々しかった。

華道講座を早目に終えた嫁さんの「ランチを外で!」の提案に乗り、
ララコープ矢上店で日用品とお弁当を買い網場方面へ。
春日から標高278mの金比羅岳へ車で上る。

本通りから抜けたら道は狭くなり、土道には枯葉や野草が生い茂る。
ちょっと歩けば嫌いな蛇もいるんだろうな・・・と思いつつ、
到着した久々の金比羅山は景色も爽快で心地良い。



橘湾の海向こうには天草が見え、
なだらかな草原に車を停めた光景はCMのワンシーンみたいだ。
もう十数年乗り継いでいる愛車のキューブも、一見新車如きに見える。


 ▲ランチを食したのはかなりの山奥

新鮮な空気の中でランチを戴き、帰りに網場の火事現場を視察。
黄色い立入禁止のテープが貼ってある現場に近付くと、
何処からか「〇〇〇〇く~ん」と呼ぶ声がする。
同級生のWさんだった。
腰を痛めて、今は外出も杖を突いているという。
火元の家は2階建てで、玄関から2階部分がほぼ延焼。
5人住まいで留守中の出火、ペットの犬がいたが助かったらしい。
犠牲者が出なかった事と、隣接する家に延焼しなかったのが幸運だった♪
Wさんとは、今後の同窓会の話等をして別れた。

神戸にいる大学の同級生も先日喀血して10日程入院したと言うし、
同世代もいよいよ身体の不調をきたす時代に突入してきたのかな?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:48ドライブがてら

2015年05月08日

呼吸法でこんなに違う!「あいうべ体操」

まだまだ昼・夜の寒暖差で、体調を崩し易い時期。

小学校でインフルエンザが激減したという「あいうべ体操」。
「あいうべ体操」は、〈口呼吸〉を〈鼻呼吸〉に変えていく体操です。

〈口呼吸〉は外気が直接肺に入るので、冬場の寒い時期には身体が冷え、
咽頭リンパ組織の乱れ・鼻粘膜などの萎縮、
更に口腔内雑菌の繁殖等を引き起こす要因になります。


 ▲超簡単な「あいうべ体操」 出典:matome.naver.jp

〈鼻呼吸〉は、鼻の粘液と小さな毛で汚れた空気をろ過し病気を防いでくれる。
また肺は冷たい空気に弱く、空気が鼻の中を10センチ通過するだけで
どんなに冷たい空気でも体温近くまで温めてくれ、病気にかかりにくくなる
しかも〈口呼吸〉の約3倍酸素を取り込み、脳機能もアップするらしい。
いびきや無呼吸症候群・口臭・虫歯・歯周病・ドライマウス等の予防改善効果もある

「あいうべ体操」は、いつでもどこでも簡単にできる体操だが、
人前でこの運動やると〈変人〉に見られる可能性もある。
どうせやるなら、みんなと一緒に!
でなきゃ、なるべく目立たぬ様に陰でコッソリ努力すべし。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 11:06拡がる世界

2015年05月05日

奥さん、この話聞いた?

男の顔は履歴書・女の顔は請求書
女性の顔には、〈言いたいこと〉〈して欲しいこと〉がいっぱい書いてある。

「奥さん聞いた?お隣の奥さん、
交通事故で大ケガして、顔が大変なことになったらしいわよ」
「まぁ、お気の毒に」
「でも、今の医療技術って凄いのねぇ。手術で元通りになったらしいのよ」
まぁ、お気の毒に

顔も性格も身体も、人の好きずき。

「歯を抜くだけのたった5秒の仕事で、5万ですって?」
それじゃあ、一時間掛けて抜きましょうか?


 ▲診察台では患者は〈まな板の鯉〉?

〈お金〉と〈時間〉と〈汗〉は、現代は比例しない。
いや逆に短時間で捌ける技術程、高額化しているのかも?
〈汗〉の量に比例して稼げた時代が懐かしい。

「奥さん、その帽子とても素敵ですよ。
 お着けになりますと、10歳は若く見えますよ」
「あら、それなら止めとくわ。
 帽子を脱ぐ度に10歳も年を取るなんて、我慢できないもの

「若く見えます」「まだまだ若い」と言う一見褒め言葉風の言葉は、
暗に現実は若くないことを認めることになる。
女性は何をどう褒めたら、一番喜ぶのか?

外見は中身の一番外側
見た目の〈外見〉より、より〈中身〉を褒めるようにはしたい。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:52ジョーク

2015年05月02日

何は無くとも「柏餅」

「あ~あ、知らなんだ知らなんだ。こういう謂(いわ)れがあったのか」

幼少の頃から、子供の日なんかでよく食べてた「柏餅」や「(ちまき)」。
おめでたい食べ物位は教えられていても謂れも何も、
あ~あ、知らなんだ知らなんだ。


 ▲最近食べてないなぁ「柏餅」

もともと〈柏の木〉は神が宿る木といわれる。
〈柏の木〉は「新芽が出るまで葉が落ちない」事から家系が続く意味に例えられ、
その葉は祝宴用の食べ物の器として使用されてきた縁起のいい木。
おめでたい日のお菓子・子孫繁栄の願いを込めて
江戸時代中期辺りから端午の節句によく登場するようになったとか。

子供の日の〈菖蒲湯〉にも謂れがある。
端午の日は春から夏への季節の変わり目で、体調を崩しやすい。
そこで昔から無病息災を祈り菖蒲やよもぎを軒に吊るしたり、
〈菖蒲湯〉に入る風習があり、今に伝わっている。
菖蒲には、腰痛や神経痛を和らげる効果があるらしいのだ。
子供の日に、腰痛・神経痛なんて言われてもなぁ。


 ▲入ると気分もスッキリする〈菖蒲湯〉

端午の日は〈菖蒲湯〉、冬至の日の〈柚子湯〉」。
こういう伝統ある風習はちゃんとした由来や謂れもあるので、
ぜひ受け継いで残していきたいものだ。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:12拡がる世界

2015年05月01日

飯(メッシ)の種になることを・・・

メッシ」と言えば、世界を代表するアルゼンチンのサッカー選手。
「怨メッシや~」ならともかく、
滅私」という漢字や言葉には馴染みがない様に思う。
昔の物語には、私利私欲を捨て主人・恩師や公のために忠誠を尽くす
「滅私奉公」という言葉や行為がもっと氾濫していた。
「公」とは天皇や国家の意味を持ち、
「軍人勅諭」や「教育勅語」など上から目線で強制的教育を思わせる。

そんな事を考えさせてくれた、今週のカレンダー「滅私」。
私利私欲を捨て去ること


 ▲「滅私」は紛らわしい?

【偉人たちの名言】
「他人のために自分を忘れること、
 そうすればその人たちもあなたを思い出してくれます」 ~ドストエフスキー~
他の人に一生懸命サービスする人が、
 最も利益を得る人間である
」 ~カーネル・サンダース~
「羊の群の完全無欠な一員になるには、まず、
 とにもかくにも自分自身が羊になることである」 ~アインシュタイン~

相撲やテニス等の個人競技と違い、
野球・サッカー等の団体競技スポーツでよく言われる「個」と「組織」。
個人プレーを尊重するのか?
チーム全体の流れ・意識を重視するのか?
「組織」は「個」の集合体であり、どちらを重視し進めるか?は監督の手腕。
「組織」の中から〈メッシ〉や〈イチロー〉という個人プレーヤーは生まれる。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:37人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2015年05>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人