スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2015年04月08日

母校記事に郷土愛の記憶が♪

珍しく我が出身母校「日見小学校」の記事が、
NN新聞「長崎県の学校探訪シリーズ」で掲載されていた。


 ▲協賛広告収入も新聞社の狙い?

明治19年 日見村立「簡易日見小学校」開校
明治25年 尋常化を設置し「日見尋常小学校」となる
明治39年 高等科を設置し「日見尋常高等小学校」と改称
昭和16年 国民学校令により「日見村国民学校」に改称
昭和22年 学校改革により「日見村立日見小学校」になる
昭和30年 日見村が長崎市に編入され「長崎市立日見小学校」に改称
昭和41年 創立80周年を記念し校舎新築
昭和45年 学校給食開始
昭和57年 長崎大水害の弊害を受ける
昭和61年 創立100周年を記念し記念碑建立
平成22年 男子バレーボールクラブ(全日本バレーボール小学生大会)で優勝
平成28年 来年創立130周年を迎える

学校の名称が事あるごとに改称され、歴史の長さを感じさせる。
「日見小学校」は、橘湾に面する風光明媚な位置にある。

昭和34年「長崎水族館」が校区内の宿町にオープン。
当時は東洋一の施設と言われたが、入場者減少や老朽化のため閉館。
平成13年「長崎ペンギン水族館」として生まれ変わる。


 ▲数では日本一のペンギン18種類がいる「長崎ペンギン水族館」

長崎市内より新旧の日見トンネルを車で抜け、
眼下に「長崎ペンギン水族館」や橘湾が拡がっていく光景は素晴らしい。

他の地区に先駆け小学校近くに「網場プール」が出来、
海で泳ぎ慣れた子供も多く、水泳競技で注目を浴びた時期もある。
「学校給食」が始まる以前の昭和39年に卒業したので給食経験はなく、
中学・高校でも未経験で、たまに驚かれることがある。

かっては勝海舟や坂本龍馬等も通った「長崎街道」の宿場町として栄え、
西の箱根」と呼ばれる「日見峠」も有する地域。
昔は有料道路だった「旧日見トンネル」は、平成13年国の有形文化財登録。


 ▲「旧日見トンネル」は全長642m

なかにし礼の直木賞小説「長崎ぶらぶら節」主人公の丸山芸者「愛八」は、
この地区の網場町が生誕の地となっている。

校区の子供たちは「日見っ子」と愛称で呼ばれ、
「あいさつ」「早寝早起き朝ごはん」「履き物揃え」の「あはは運動」で評価も高いらしい。
近くにはスーパーから病院・保育園・幼稚園・小中高校・大学・養老院・霊園まで揃い、
「揺りかごから墓場まで」の全てがある地域となっている。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:27震える新聞記事
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2015年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人