スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年08月04日

「なんでもありか」と思わせる♪

静と理恵子の血みどろ絵日誌」シリーズの一つ「なんでもありか」編の中で、
作家・伊集院静と騎手・武豊と漫画家・西原理恵子の三人による、
付録?みたいな対談がとても刺激的で面白かった。


 ▲この「なんでもありか」もBookoffで見つけた拾い物

「何で(武豊さんみたいな)こんな立派な人と
 あの人(伊集院さん)が友達なんだろう?と不思議で不思議で・・・」
「いいんですか、武さんみたいな人を呼んじゃって。これって本の〈付録〉なんでしょ」
「これまで伊集院さんに紹介された人で、これだけちゃんとしてる人は初めてですよ」
「天下の武豊に金持ってこさせるなんて、伊集院さんくらいなもんですよ」
「ある騎手から〈自分、馬よりバカですから〉と言われたことがある」
「騎手に〈稼ぐ秘訣は?〉と聞いたら、〈借金がたくさんあることです〉って」
「馬にもいろいろいて、中には〈もう走りたくない〉なんてのもいる」
「馬主ってのは、事業で成功した人と悪い事やって稼いだ人の二種類いる。
 それで走るのは、圧倒的に悪い馬主の馬だからね」
「西原さんは、どこへ行っても怖がらないのもスゴイよね」
「人間そういう黒いところもないと、きれいなお話なんて書けません」・・・


 ▲中々面白い組み合わせの対談だった

武豊氏は金沢の兼六園でのこんなエピソードを披露。
「鯉のエサ10円」という看板が立っていて、
それを見た騎手仲間が10円玉を池に投げていた・・・

「あなたの声をお聞かせ下さい」と書いてある箱に向かって、
話かけている寅さんの一シーンを思い出した。
またある時ケーキ屋さんで、
ウィンドウ越しに「これとこれとこれ下さい」と指差し注文していたら、
お店の人から「名前を言って下さい」と言われ、つい自分の名前を言ってしまった・・・

こんな〈勘違い話〉や〈ドジな話〉は結構多いんで、いずれ又。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 14:04震える一冊

2014年08月02日

独断のオールデイズ上映

台風11号・12号が不気味に近付きつつある8月を気分新たに迎えようと、
買ったばかりの服を着て、床屋にも行って身綺麗にし、
ビデオ屋(もうこの呼称も旧い?レンタル店?)で旧作6本借りてきた。
やるべき事が他にも溜まってしちょっと多いかな?と思いつつ、
一日で無理なら二日掛けてでも見通せる本数。
まぁ、自宅で〈オールナイト上映〉みたいな雰囲気が味わえればいいか・・・

前夜のNHK-ETV「ミュージック・ポートレイト」出演の松坂慶子出演作から、
「火宅の人」「道頓堀川」「華の乱」「五番町夕霧楼」(再・再・再見作品も!)の4本、
好きな内田有紀が輝いてる「ばかもの」(これも再・再見)、
そして映画館で見落とした気になる復讐劇「その夜の侍」。

100

まずは芥川賞作家・絲山秋子の小説を、金子修介監督が映画化。
内田有紀と成宮寛貴の熱演!が光る「ばかもの」から。


 ▲「ばかもの」は恋愛物の隠れた名作!

「一生忘れられない恋がある」
「10年に渡って、額子を追い求めた。
 ・・・たとえ変わり果てた姿になっていたとしても。」

年上女性に熱く・冷たく激しくあしらわれ棄てられた青年の、
アル中や鬱・虚無感等に苛まれた約10年間の足取りを追った恋愛ドラマ。
正直なのか?不器用なのか?まだ若い2人の赤裸々な青春が弾け堕ちていく。

◎映画「ばかもの」予告編


内田有紀が期待のボディを見せてくれないのが少々もどかしいが、中々魅惑的だ。
二人の再会するシーンで白髪?交じりで登場するのは可笑しくて衝撃的だが、
事故で片腕を失くし〈自分ではどうしても出来ない事〉を青年に頼む内容が切ない。
「(残った)右腕をゴシゴシ洗って欲しい」
「腋毛を剃って欲しい」・・・
片腕での暮らし振りを、運転や台所仕事等できちんと演出してるのも好感が持てる。
成宮寛貴の眼力や演技も力強く、代表作の一つと言える出来上がり。

何より、転落人生を見捨てない演出や監督の優しい眼差しが感じられるのが素晴らしい。
人は自分が一番落ち着ける場所を求め、人を探して生きているのだろう。
見逃してる方は、一見の価値充分あります。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:19震える~シネマ

2014年08月01日

「土屋太鳳」が人気者になっていく~

昨年「鈴木先生」TVドラマの面白さに嵌って以来、
その美貌と若い乍らの演技力に憑りつかれ、
将来有望だな~と密かに応援していた若手女優「土屋太鳳(たお)」。
現在公開の「るろうに剣心 京都大火編」でも活躍中の、注目美少女。


 ▲こんな清楚な?美少女にゃ滅法弱い・・・

◎久々填ったTVドラマ「鈴木先生」
http://hayaoki1951.noramba.net/e258648.html

その彼女が、やっぱり!?NHK朝ドラのヒロインに決定してしまった。
ついに捕まった!というか、皆に目をつけられてしまった!って感じ。

◎<土屋太鳳>15年前期朝ドラ「まれ」のヒロインに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000001-mantan-ent

まだそれ程知られてない事に喜びを感じ、熱い声援を送っていただけに、
彼女もいよいよ全国区の人気女優になるのか・・・と嬉しい反面、
普通の人気女優になってしまう寂寥感さえ覚える始末。

とかく一ファンの心理たるや複雑でいと可笑しいのは、年齢も無関係。
後は、毎日のように会えるドラマに期待するのみ。





  


Posted by 夜更かし中年隊 at 12:41人物探訪
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2014年08>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人