スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年11月26日

奥が深い生き方・演じ方

昼は淑女のように、夜は娼婦のように
この言葉から、なかにし礼の名曲「♪時には娼婦のように」は誕生した?

◎「♪時には娼婦のように」黒沢年男


悪魔のように細心に、天使のように大胆に
これは黒澤明監督が演技指導でよく使った言葉。

歌は語るように、科白(せりふ)は歌うように

歌手でも役者でもないオイラも、森繁久彌の「知床旅情」の歌や、
「夫婦善哉」「駅前シリーズ」等の演技等を観ているとそう感じる。


 ▲地?役柄?懐かしい「駅前シリーズ」の頃

役者や歌手が自分の役柄や自分の歌にするには、
テクニックだけでは済まされない、
本人が持つ特性や人間性・育ちといったモノも問われる。

◎森繁久弥「♪知床旅情」


味や嗜好に好みは別れても、ホントにいいものは万人にいつまでも愛される。
視聴者は意外と冷徹な目で、そんな処をじっくり観察している。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:04人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年11>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人