スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年09月08日

これは見逃すな!〈洋画編〉

昨日の〈邦画編〉に続き、今日は〈洋画編〉。

「モンスターズ・ユニバーシティ」ダン・スカンロン監督作品☆☆☆
モンスター界最恐の〈怖がらせ屋〉マイク&サリーが活躍し、
大ヒットを記録した傑作アニメ「モンスターズ・インク」の
前日譚を描いたファンタジー・コメディ。



怖がらせ屋を養成するエリート学校で開催の〈怖がらせ大会コンテスト〉。
二人が黄金タッグを組むことになった理由とは?

◎「モンスターズ・ユニバーシティ」予告編


ユニークで愉快なオバケ達が、
「夢を諦めないことの大切さ」を教えてくれる。
何百体というオバケのキャラクターを、ピックアップする楽しさもある。

8月中旬に興行成績70億円・観客動員550万人突破で、
2013年公開作品では最大のヒット作になった。
しかし後発の宮崎駿監督アニメ「風立ちぬ」が、この記録を抜く勢いだとか・・・。
共に映画がヒットすることは、実に喜ばしい出来事♪
日本語版吹き替えの田中裕二・石塚英彦コンビがイケテマス♪

「マン・オブ・スティール」ザック・スナイダー監督作品☆☆☆☆
スーパーマンの知られざる生い立ちや成長過程、
特殊能力を持つ宇宙人の苦悩等を描いた、新生スーパーマン誕生秘話物語。

◎「マン・オブ・スティール」予告編


製作に「バットマン」で名を上げたクリストファー・ノーランが絡み、
父親にラッセル・クロウ、義父ケヴィン・コスナー、義母ダイアン・レイン
恋人役がエイミー・アダムス、編集長ローレンス・フィッシュバーン等、
敵・味方・脇役全てが適役で、アクションは派手だし見応え充分。
「父さんの息子でいちゃダメ?」の思いやりの台詞に泣かされる程、
期待以上に人間ドラマとして楽しめる作品。

アカデミー賞受賞作「アルゴ」のベン・アフレックは、
「ハリウッドランド」で〈スーパーマン〉役者ジョージ・リーブスを演じ、
次回作のーパーマン+バットマン共演映画では〈バットマン〉役が決定!
ベンは余程、ヒーロー役が似合うのかな?

「25年目の弦楽四重奏」ヤーロン・ジルバーマン監督作品☆☆☆☆
結成25年目を迎える弦楽四重奏団のメンバーによる、
親子及び友情の葛藤・衝突・老いを巡って繰り広げられる人間模様。
演奏にも人との関係にも〈不協和音〉が響き渡るが、
それをどうやって切り抜けていくのか?

◎「25年目の弦楽四重奏」劇場予告編


ベートーヴェンの名曲にのせて贈る、珠玉のアンサンブルド­ラマ。
出演はフィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケン、
キャサリン・キーナー、マーク・イヴァニール他の豪華実力派俳優揃い。
クラシック音楽と共に、ミュージシャン独特の個性も楽しめます。


「嘆きのピエタ」キム・ギドク監督作品☆☆☆
「ピエタ」とは、キリストを抱く聖母マリア像であり慈悲深き母の愛の象徴。
去年ヴェネチア国際映画祭で獅子賞受賞のサスペンス・ドラマ。



◎「嘆きのピエタ」予告編


監督は大好きな「春夏秋冬そして春」 (2003年)や「うつせみ」(2004年)等、
常に強烈な傑作を放ち続けるキム・ギドク。
30年間天涯孤独に生き、借金取りの荒んだ生活を送る孤独な男。
その前に突然現れた、母親を名乗る謎の女。
二転三転する先の見えない謎の展開と、容赦ない過激な描写。
ラストには、心を捉えて離さない衝撃が待っている・・・

韓国映画には、強引とも言えるパワー・キャラの濃さ・激情が溢れている。
それは魅力でもあるのだが、時として残酷で鬱陶しくもある。
キム・ギドク監督作品は、心に爪跡を残してくれる作品が多い。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:48震える~シネマ

2013年09月07日

さらば!子供向け夏休み映画興行〈邦画編〉

夏休みは子供向けアニメやヒーロー物が映画館を席巻し、
じっくり映画を楽しみたい大人向き作品が少ない。
劇場で最近観た作品はわずかだし、このブログで映画の話題も久々。
もう上映終了した作品もあるが、印象的だった作品数本を総括。

◎「風立ちぬ」宮崎 駿監督作品☆☆☆
きしくも宮崎監督、最後の作品になるのか?


 ▲上映後、監督が涙した作品だとか・・・

ゼロ戦設計者・堀越二郎の夢と希望を追う半生と、
堀 辰雄著「風立ちぬ」哀切のエピソードを盛り込んだ作品。
子供向けとは言えない、内容も叙情も大人向けのアニメ作品。

◎「風立ちぬ」劇場特別予告編4分


子供が充分に理解するのは、難しい作品かも知れない。
「子供に希望や夢をもたらすのが〈教育〉」と言われるが、
少し背伸びしてた大人の世界を垣間見せるのも〈教育〉。

「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明監督が声優に挑戦。
西島秀俊・西村雅彦・大竹しのぶ・竹下景子等の声優も楽しめる♪
テーマ曲は荒井由実の「ひこうき雲」。
子供に見せたいアニメのお奨めは、野坂昭如原作の「火垂るの墓」。
少し?哀しすぎますが・・・

「少年H」降旗康男監督作品☆☆☆☆
舞台美術家・妹尾河童の自伝的ベストセラー小説「少年H」を映画化。
原作は昔読んだ記憶があるけど、少年はこんなに賢かったっけ?
軍国主義に染まり激動の時代を生き抜く少年と家族の愛と絆を、
神戸を舞台に描いた感動の家族ドラマ。

◎「少年H」予告編


父は洋服の仕立て屋・母はクリスチャンという家庭環境や、
神戸という土地柄も微妙にスパイスが効いている。
水谷豊と伊藤蘭の夫婦共演や、子役等の頑張りが結実した力作。


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:57震える~シネマ

2013年09月06日

全てガッツだぜ!

数日前に朝日新聞紙上で全面広告掲載されてると思っていたら、
次はカラーチラシとなって登場!


 ▲一見、何でもないチラシのように見えるが・・・

内容はお堅い〈朝日新聞〉のPR広告なのだが、
そのビジュアルが努力作品でユーモアも適度にあるし、
このインパクトは半端ない!
ドアップでよく見ると、全てガッツだぜ!



こんな叔父さん・叔母さんは実際にいそうだけど、
このおさげの少女は一体何者?
いっそベビー世代のガッツも見たかった気もするなぁ。
不気味だろうけど・・・(^_^;

ガッツ石松や具志堅用高等のキャラは、
普通の一般芸人では味わえないものがあって、貴重で好みッス。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:06人物探訪

2013年09月05日

男の理想像?「開高健」

度々登場する〈開高健〉の話題。
今日の新聞の読書コーナーで取り上げられていたのが、
滝田 誠一郎著「開高健名言辞典 漂えど沈まず」。



〈開高健〉は芥川賞受賞後、戦場や釣りや食のルポで世界を駆け巡った。
著者によると、マッチョなイメージだし知的で、見たこともない魚を釣る行動派で、
酒も女のことも書ける理想の男性像が受けて、根強い人気があるらしい。



「悠々として急げ。」
「三つの真実にまさる一つのきれいな嘘を。」
「生まれるのは、偶然。
 生きるのは、苦痛。
 死ぬのは、厄介。」
「朝露の一滴にも、天と地が映っている。」
「大人と子供の違いは、持っている玩具の値段の違いだけ。」
「教える者が教えられるのが、教育の理想。」
「愚者は食べ物の話をし、賢者は旅の話をする。」
「1 / 3 は水に流す。
 1 / 3 は大地にもどす。
 1 / 3 は敵にくれてやる。」
「釣れない訳は山ほどあって、釣れる訳は知らない。」
「釣りは芸術である。
 芸術とは自然に背きつつ、自然に還る困難を実践すること。」・・・


 ▲〈釣り〉は一生を幸せにすると言うが・・・

自ずから発した言葉もあれば、溢れ出る教養や文献・偉人達の言葉まで、
巨匠〈開高健〉が愛した200の名句・警句・冗句から感じられるのは、
膨大な読書量や豊富な知識から蒸留された、作家の繊細な素顔。
まさに「一瞬にして総体を見る、壮眼の極意」を秘めている。

YouTubeに、開高健が出演している懐かしいCMがあったのでUP。

◎開高健/懐かしいTV-CM


一見それ程器用そうではないし、
憮然とした佇まいや底知れぬ笑顔が魅力的な〈開高健〉。
人の一つの生き方として、名言に共感するものが多い。

あまり関係ないけど、〈開高健〉と容姿がよく似た友達がいて、
彼は何事にも一家言ある頑固者。
何せ職人さんだし無骨で真っ直ぐな生き様も、少々似てる気もする。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:00人の振り見て

2013年09月04日

直木賞選考委員選評にみる「ホテルローヤル」

アッ!と言う間に、オール読物の直木賞特集記事を読んだ。
まず、受賞作「ホテルローヤル」への直木賞選考委員の選評が凄い。

100

「この文章力。連作短編集のあらまほしい形を踏んでいる。」阿刀田高

「女の懐の刃先が見え、ゾクッとしてしまう。」伊集院静

「それぞれの登場人物のいじましさ、せつなさ、滑稽さというものは
 何ともいえない。」林真理子

「誰もが反撥せずに身近に感ずる不幸の諸相を、
 上手に表現していた。」浅田次郎

「桜木紫乃さんは、〈生活苦〉を書いたら天下一品の作家。」宮部みゆき



「桜木氏はすぐれた料理人のようなもので、
 どこにでもある材料で旨い料理をつくりあげてしまう。」宮城谷昌光

「状況設定が巧みなうえに、そこで繰り広げられる男女の姿が
 それなりに存在感があり読ませる。」渡辺淳一

「男女が体を繋げる場所・互いの間の溝を認識する場所〈ラブホテル〉。
 その惑いや岩が軽やかに書き分けられいる。うま過ぎる。」桐野夏生

「人間の愚かな悲しみ、安直な行為、あやふやな関連性の底には、
 深い沼のような情念の闇がある。
 それが逆に、小説の光となっているように思える。」北方謙三

100

選考委員ほぼ絶賛!の選評なのだ。
これじゃ、弥が上にも期待してしまうのが読者。
「シャッターチャンス」「本日開店」「星を見ていた」の3作品、
同時掲載の自伝エッセイや官能小説家?先輩・小池真理子氏との対談共々、
アッ!と言う間に読み終えてしまった。

〈ラブホテル〉を舞台に繰り広げられる、人の営みの可笑しみ・哀しさ。
選考委員の選評の視線・言葉の重み・表現力が多様巧みで、
受賞作品以上に面白く楽しめた次第。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 07:29拡がる世界

2013年09月03日

何処までハチャメチャ?中国

アニメキャラの盗用はじめ領土問題の強引さ等、
例え何であっても、どんな事が起ころうとも
中国だったら、あり得るなぁ~」と思う程、感覚が麻痺している。

今回は中国河南省で発生した〈偽動物園〉の話題。

〈ライオン〉の檻に〈大型犬〉、〈ヒョウ〉の檻には〈キツネ〉が居座り、
その言い訳が「ライオンは繁殖のために貸し出し中」で
代役の犬は「出張中の友人からの預かりモノ」だとか。


 ▲中国では〈ライオン〉?

他にも「ヘビやオオカミは、酷暑を避ける為に隠れている」との釈明・・・

新聞によると動物の種類表示の偽装で、ついに閉園に追い込まれたらしい。
まぁ「閉園」と言われて従うだけ、まだマシなのかも?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 13:34笑って眠れ

2013年09月02日

怨歌への扉を開いた「藤圭子」

休日は、先日逝った〈藤圭子〉の歌をYouTubeで聴いていた。

歌の上手さ・怨念の歌詩と儚げな佇まいのアンバランス・雰囲気・・・
ファーストアルバム「新宿の女」が20週連続1位。
セカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位。
両作品で計37週連続1位の、空前絶後の記録を残した偉大な歌手。
あの手の歌い手は、もう出現しないのではないか?


 ▲初めて買ったレコードが藤圭子の最初のLP

デビュー仕立てのNHK紅白初出場映像。

◎「圭子の夢は夜ひらく」藤圭子


美空ひばりの名曲「みだれ髪」もカバーしている。

◎「みだれ髪」藤圭子


昔は直立不動気味で視線が宙を泳ぐ無表情なイメージが、
1995年44才頃のこの映像では、歌は相変わらず上手いが、
身体を揺らし派手な動きに、何故か違和感も覚える。
この時のゆとりの微笑は、私生活が充たされていたのであろうか?
時は夫・照實と娘・光の3人でユニット「U3」を結成し、蜜月だった頃。

人生何が起きるか解らない。、
そこを面白いと感じるのか?怖いと感じるか?
時の流れは誰にでも平等であり、誰にでも残酷。

5年後・10年後、オイラは果たして笑っていられるだろうか?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:45人生いろいろ

2013年09月01日

またトラックでオモロイ出会い

会社帰りの道すがら、前を走るトラックをよくよく見ると・・・
ブレーキランプの下にコジャレた?セリフを発見。



「これはネタになる!」と思い、信号待ちの時に写メでパチリ!
ニヤリとさせられた、その内容とは・・・

牛乳降ろすの手伝ってぇ~
       〇〇オート㈱




気付いたオイラは思わずニヤリ。
「牛乳かよォ~」可愛いモノ積載してるんだねぇ。
トラックの運チャンには、ユーモアを解する人が多いのかな?

トラックで笑わせて貰ったのは、「ご主人様ステッカー」以来。

◎笑わせるぜ!ご主人様ステッカー
http://hayaoki1951.noramba.net/e248098.html

お先にどうぞ、ご主人様。優しく抜いてね
しちゃダメよ!飲酒!居眠り!・・・変な事!!

こうしたキャッチコピーに「萌え~」のオイラ。
この手の面白関連グッズやシャレた迷文?もっと増えて欲しいなぁ。
「交通ルールを守りましょう」とか「赤ちゃんが乗っています」とか、
言いたい事は理解出来るが、ちょっとまともすぎないか?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:04ドライブがてら
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年09>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人