スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年08月02日

苗字の「八月一日」どう読む?

最近は若い夫婦が、子供にキラキラした名前を付けたがる時代。
その自由な?発想に、読めない名前が増えているが、
読めないと言えば珍しい苗字もある。

カレンダーで「八月一日さん」が〈ほづみさん〉という名前だと知る。
8月は稲の初穂を摘み、神に捧げてお祝いをする。
それを取り仕切る人が「ほづみ」と呼ばれていた事から生まれた苗字。


 ▲「八月一日」さんとは、何とも風情のある苗字

「色摩」は〈しかま〉さん、ちょっと困った名前。
  宮城県の色麻町が発祥らしく、字が変化したもの。
  TVでも取り上げてたが、そのまま〈色麻〉の漢字が良かったのでは?
「四十物谷」は〈あいものや〉さん。
「小椎八重」は〈こしばえ〉さん、なんとか辿り着けそうな呼び名。
「四月朔日」が〈わたぬき〉さん。
  4月1日に袷(あわせ)の着物から綿を抜くことからの命名らしい。
「喜屋武」は〈きやん〉さん、沖縄には独特の名前が多い。
「百目鬼」は〈どうめき〉さん、有名人にもいる。
「東西南北」は〈よもひろ〉さん、世の中も広い。
「月見里」は〈やまなし〉さん、きっと見晴らしがいいんだろう。

最後に「平安名」〈へんな〉さんや「珍名」〈ちんな〉さんは、
まさに今日のブログにピッタリの苗字!

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 20:21なるほど~

2013年08月01日

♪たどり着いたら「高千穂」は雨降り

アチコチ寄り道して、目的地「高千穂」到着は夕方4時過ぎ。

小雨そぼ降る天候で、傘を差しての「高千穂峡」巡り。
駐車料金は500円、1時間程度で見物出来るので料金はやや高目。
ボートは雨で水かさが不安定のため貸し出し中止、残念!



観光ガイドでは何度も目にしているが、本物は流石「 国の名勝」の大迫力!
「日本の滝100選」の一つ「真名井の滝」は周りの情景にマッチして美しい。
鬼八が力自慢をしたという「鬼八の力石」。



阿蘇山の溶岩が数万年かけて侵食され、造形された「仙人の屏風岩」。



兵が槍をついて飛び越えたという「槍飛橋」や「おのころ島」・・・
チョウザメが飼い慣らされていたのにも驚かされた。

100

「高千穂」もまだまだ見物したい所があり、早々に「高千穂神社」へ。
約1900年前に垂仁天皇が創建され、農産業・厄祓・縁結びの神様。

境内にある、根元が一つになった「夫婦杉」。



この廻りを手をつないで3回廻ると、
夫婦友人睦まじく・家内安全・子孫繁昌の三つの願いが叶うらしい。
歴史を伝える樹齢800年の「秩父杉」。
石に祈ると人の悩みや世の乱れが鎮められる、と言われる「「鎮(しずめ)石」。
「神楽殿」では毎日午後8時から約1時間、高千穂神楽の舞が披露される。

100

今日の最終観光地は「天岩戸神社」。

東宮は天照大神・西宮は天岩屋を祭る拝殿。
「太陽神」とも呼ばれて、包容力と慈愛に満ちた神「天照大神」。
隠れた天の岩屋から天照大神を連れ出す、愉快な「天の岩戸開き」神話。


 ▲西本宮へと続く参道

西本宮の御神体は、拝殿の対岸にある洞窟(天岩戸)だが、
「天岩戸」は神職でさえ足を踏み入れることのできない神域だとか。
西本宮の境内から対岸を眺めたが見えずじまいだった。
これまた残念!

天孫降臨などの神話と伝説に包まれた町「高千穂」。
自然の驚異と多くの伝説・謎に彩られ、霧雨の中では特に神秘的だった。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:29拡がる世界
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年08>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人