スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年11月01日

この映画には何か「アルゴ」?

今、映画ファンの間で一番?評判なのが「アルゴ」と言う映画。

1979年イランで起きたアメリカ大使館人質救出事件を、
架空の映画製作を口実にCIAが実施した救出作戦を描く、驚愕と衝撃の実話サスペンス。
監督・主演は「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」のベン・アフレック。
緊張感溢れる筆致で事件を手際よくスリリングに描き出し、早くもアカデミー賞の声も。
共演にブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン他。
プロデュースには、ベンが尊敬し憧れるジョージ・クルーニーも絡んでいる。



ベン・アフレックと言えば、マット・デイモンと共同で書き上げた
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞脚本賞等を受賞。
一躍脚光を浴びた後も近所に住み、共に俳優や監督として第一線で活躍。
今も二人は近所に家庭を持ち、映画製作に関わっている。


 ▲「アルゴ」では俳優と監督の掛け持ち・ベン・アフレック

ベンの初監督作品「ゴーン・ベイビー・ゴーン」を見た時は、
「ベンにはまだ、こんな才能もあったのか!」と驚いて、仲間にPRしてたなぁ。
「ザ・タウン」「アルゴ」で、やっと日本でも監督としてメジャーになった?



とにかく「アルゴ」は評判がすこぶるいい!
「エンタテインメントの王道を堂々と闊歩しているのに圧倒される」
「手に汗握る山場の連続をいささかもヒロイックに振舞うことなく、
 着々とこなす俳優及び監督アフレックに惚れ惚れする」
「シリアスな題材なのにユーモアがあって、観客は笑いながら深刻になれる」
「作家性とエンターテインメントが見事に共存する、近年稀に見るバランスのとれた傑作」
「どこをとっても拍手を送りたくなる今年No1の映画」・・・

ずっと注目していたベン・アフレックが、再び脚光を浴びる185
今人生の最盛期に突入し、次世代のクリント・イーストウッドとも囁かれ始めている。

◎映画「アルゴ」オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/argo/

◎この《実話》はフィクションよりも大胆、映画「アルゴ」facebook
https://www.facebook.com/argomovie.jp?fref=ts

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 01:45震える~シネマ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年11>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人