スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年09月06日

先輩からの嬉しい悲鳴

読了した有川 浩著「三匹のおっさん」があまりに面白かったので、
読書好きの先輩に貸した処、「とても痛快で、面白かった」の言葉と同時に、
お返し?に沢木 耕太郎著「テロルの決算」を貸してくれた。



社会党の浅沼委員長が、17歳の右翼少年に刺殺されたドキュメント。
沢木 耕太郎はファンだし、この本も読みたいと思っていたので
読み掛けの2冊を読了後にやっと読み始めた。
すると昨日は更に、「これも読んでみんね」と
逢坂 剛著「砕かれた鍵」と池波 正太郎著「おおげさがきらい」の2冊も持参。

今の高校生就職支援の仕事も、先輩と一緒に働けるのも今月14日迄。
それ迄に3冊読破するって、「ちょいとハードでっせ!先輩」と言いたい処だったが
折角の機会、チャレンジする事に。

100

高倉 健の6年振りの映画「あなたへ」を観たばかりで、
キネ旬の特集記事を読んでると、面白い話が掲載されてて思わずニヤリ!



「あなたへ」の監督は降旗 康男。
健さんと降旗監督二人の関係は、今回で20本目の知り尽くした仲。
降旗監督が始めての助監督として撮ったのが、美空ひばりの「青い海原」。
ひばりの恋人役が歌手の春日八郎で、その恋敵が高倉健の役処。
このキャストも、今から思えば凄い競演。


 ▲健さんとの関係は46年間にも及ぶ、降旗康男監督

当時「ひばり御殿」が完成したばかりで、
健さんは仕事後、ひばりに「うちに寄って下さい」と誘われた。
一人で行きたくなかった健さんは、降旗さんやスタッフと一緒に伺う。
宴が始まると、健さんは直ぐに帰りたい、降旗さんも早く帰りたいと言うが
スタッフが酔っ払ってしまって遅くなり、翌日撮影に遅刻した話。

ハードスケジュールの為、撮影中に録音部がひばりの近くに機材を落下させた。
するとステージママで名高いひばりのお母さんが
「録音部、全員交替させろ!」と言った話・・・。

いや~、昔の映画撮影には面白話がゴロゴロしてるなぁと改めて認識。

100

昨日は弱小チーム阪神が巨人を6-0で降し、先発のメッセンジャーが完封勝利♪
巨人に9連敗中だった阪神が、10連敗を阻止し雪辱。
これは喜ぶべきだ結果だが、普段の体たらくが何とも情けない。(ToT)
それでも応援を続ける阪神ファン、M体質が多いのかな?


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 03:07人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人