スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年08月01日

ジャンクフードと五輪の道ならぬ関係

スポーツ競技にスポンサー協賛が付くのは、
いろんな大会を開催して上では資金面からも有難いことなんだろう。

今!盛り上がってる五輪の、スポンサーの裏話。


 ▲待ってました!やっと日本に待望の金 柔道・松本選手

コカ・コーラは1928年から、マクドナルドは1976年から、
五輪のスポンサーになって莫大な利益をもたらしてきた。
主要スポンサーからの協賛金は、五輪収入の40%以上にも及び、
マクドナルドは更に今年1月、IOCと新たに8年間の契約延長したばかり。



その一方で、医師グループやロンドン市議会が問題視しているのが、
ジャンクフードの「不健康」や「肥満」というイメージ問題。
コカ・コーラは水やカロリーゼロの商品も出し、一概に肥満とも結びつけられないし、
マクドナルドはベーグル(ドーナツ型堅パン)やサラダなどの新メニューを出し、
「食べ物や飲み物の選択は、個人に任されている」としている。



医師グループや議会・IOC幹部が“反ジャンクフード”に動き出したのはいいが、
長年に渡り五輪を支配してきた巨人なスポンサーをボイコットするのは、
大会の維持や経営面から並大抵のことではない。

これを反故(ほご)にして五輪からジャンクフード閉め出すとなれば、
莫大な違約金は発生するし、IOCは別の巨大スポンサー探しも必要になる。

さて、今後どうするか?どうなるか?
食の問題がオリンピックを揺るがす!?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 02:26なるほど~
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人