スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年07月11日

裏切る男・裏切られる女の参考書

「好き嫌い」と「人を見る目」は、好みや趣向で十人十色。
「優しい人」がいい人もいれば、それだけじゃ物足りない人だっている。
「ワイルドだぜぇ」が好みの人もいれば、ウザイと言う人も。

心理学者・渋谷昌三氏の著書「男を見抜く」から、その価値観とやらを学んでみよう。

「優柔不断くらいが丁度いい?」
   女性は付き合い始めは、決断力がある男性を「男らしい」と褒める。
   しかし慣れてくると、全く言うことを聞かない事に不満を持つようになる。
   自分の考えに固執せず、女性の考えに合わせられる位の度量を持つ男。
   良いように取れば、決断できないという事は頭の中であれこれ考えているという証拠。

   何も決められないような「優柔不断な男」は、女性が舵を取ればいい?


 ▲チャラいのだって、楽しければいい!?

「交際歴を見る時は、数より長さを重視」
   一人の相手と、じっくり付き合ってきた傾向の男性を選ぼう。
   付き合った数を自慢するような男性はNG。

   自慢話って聞きようによっては可愛くもあるんですが、そればっかりだとウンザリface04
   一人の人とじっくり付き合い、忘れられない人が自分以外にいる・・・
   そういう場合ってのは、却って問題かも?です。
   同じ様な過ちばかりを犯してるならともかく、
   数というかそれなりの経験も必要だと思うんですが・・・。

「団体競技のスポーツをやっていた男性の方が、人との関係を重視する」
   団体競技をやってきた人は、人間関係を親密にしたいと考える傾向が強い。
   個人技をやっていた男は一人で力を試したい為、人間関係にそれ程重点を置いてない。

   なる程なる程、でも一人では何も出来ない人はもっと困りものじゃん、じゃん。


 ▲スポーツは世の中のルールを学ぶチャンス

「空腹の時でも、気配りを忘れないか試す」
   食生活には隠れていた本性が出易く、空腹時は特に周りに気を配る余裕が無い。
   そんな時こそ、相手の本性をあぶりだす絶好のチャンス。
   いかに相手や周囲に気配りが出来るか?
   相手の好みを無視するような男性は、気配りが欠けていると見なされる。

   すきっ腹だとみんなイライラするし、喧嘩も多くなるらしい。
   本性を見極める?見破る?ってのは、そんなに大事?
   飢餓状態を基準に人間を判断するってのは、どうなんかいな?

物事は表もあれば、裏だってある。
裏表のない単純明快な直線型もいいし、それを薄っぺらだと感じる事もある。
一つの考えに固執していては、世の中は見えづらくなる。
気は持ちよう、心は思いよう」。

◎見た目に騙されないで!「女を裏切らない男」の特徴
http://www.men-joy.jp/archives/22221

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 09:10なるほど~

2012年07月10日

あの頃あんな時代の「オリンピックの身代金」

「邪魔」「空中ブランコ」等の直木賞人気作家・奥田 英朗著「オリンピックの身代金」。

昭和39年夏、アジア初のオリンピック開催を前に熱狂する東京で、連続爆破事件が発生。
国家の威信をかけた捜査が始まる!
作家自ら「これが私の、現時点での最高到達点です」という触れ込みの、
東京オリンピック開催に湧く東京を舞台にした、超弩級の犯罪サスペンス。


 ▲東京オリンピック:日本が生まれ変わろうとしていた時代だった

まだ、上巻を読み終えたばかりだが、いよいよ物語は佳境に・・・?
途中ではあるが、心に引っ掛かる印象的な表現をピックアップ。

100

「行く手にバケツでもあれば、思い切り蹴飛ばしそうな勢いだった。
 窓の外の蝉が、まるで誰かに一喝されたかのようにぴたりと鳴くのをやめた」

「東京の景色は、雑踏の景色だ。目に映るすべてに人がいる。
 分母が大きいと、一個人は関心を持たれない」
「決壊した堤防のように、改札口から人が流れ出てきた」

「爆弾なんて、空襲に比べたら花火みたいなものよ」
旧華族の祖母は、案外肝が据わっているのか静かに微笑んで言った。

「書斎にこもるのは、老人になってからでいい」

「肉体の変化は、どこか快感めいたものがある」

「神は求めるところを与えるのだ」・・・

100

ストーリー展開の面白さは吉川栄治文学賞受賞作だし折り紙付だが、
腑に落ちる数々の何気ない表現力も楽しんでます♪



「ビートルズ」の定義についての、ある教授の蘊蓄(うんちく)。

「ビートルズというグループは、きっと世界を変えますね。
 宗教以外でプロレタリアートが国境を越えて、
 熱狂する偶像が出現したのは世界史において初めてです。
 しかも、奴隷貿易で栄えたリバプール出身というのが面白い。
 彼らはキリスト教文化が差し出した贖罪(しょくざい)の使徒なんですね・・・」

ビートルズは音楽界の革命児だったのは勿論、社会現象的にも意味があったのか・・・
目からウロコ、棚からボタモチ、鼻からギュウニュウ?face03

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:49震えて眠れ

2012年07月09日

頭にストック!「ストックホルム症候群」

ある記事で「ストックホルム症候群」なるものを知り、
頭はぼんやり・身体はよれよれ・気分はほんわか♫の「夜更かし中年隊」、
「ストックホルムって何処らへんだっけ?」
「ストックホルム症候群って何?」と、関連事項をチェック。


 ▲ストックホルムはちょっと寒そうな所

「ストックホルム症候群」の由来と言うのが・・・
スウェーデン・ストックホルムで発生した「銀行強盗事件」。

1973年ストックホルムの銀行を強盗が襲い、犯人は数人の人質をとって立て籠る。
警官隊と何度も衝突をくり返し、人質が解放されたのは事件発生から1週間後。



しかし人質を解放した後、事件関係者は不思議なことに気づく。
当然犯人を憎むはずの人質が、口々に犯人をかばうような証言をするのだ。
それだけではなく、「感謝されるはず」の警察を侮辱するような事さえ口にする。
更に事件が解決した後、人質の1人だった女性は犯人グループの一人と結婚する。
これが有名になった「ストックホルム症候群」で、この命名の由来となる。

100

アメリカ・カリフォルニア発「パトリシア・ハースト事件」。

1974年、カリフォルニア州バークレーから一人の女性が誘拐された。
名前はパトリシア・ハースト、地元エグザミナー誌の大富豪ハースト氏の長女。
大学生だった彼女は、ボーイフレンドと住むアパートから拉致された。
彼女を拉致したのは、「人民解放」を目的とする政治的グループ「SLA」。
最初は人質として監禁されていた彼女だが、少しずつ「SLA」のメンバーと交流。
そしてついには洗脳され、「SLA」のメンバーとなり銀行強盗を犯してしまう。

監禁中にすっかり洗脳された彼女はFBIに逮捕され、その後刑期を終了。
彼女に犯罪の責任はあるのか?等、裁判を巡って心理学説が諸説台頭する。


 ▲1976年法廷へ向かうパトリシア・ハーストさん

パトリシア・ハーストさんは、「ストックホルム症候群」で最も有名になった女性で、
彼女の体験を描いた映画や本は、その後ベストセラーになる。

100

「ストックホルム症候群」とは〈精神医学用語〉の一つで、
犯罪被害者が犯人と一時的に時間や場所を共有する事で、
過度の同情・好意等の、特別な依存感情を抱く事をいう。

事件や犯罪は、人間の複雑な深層心理操作を生み出す。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:48なるほど~

2012年07月08日

女性だって出来る!?

お笑いを一発。


 ▲男に出来て、女に出来ない訳がない・・・

世の中、変わった!?

コレ、一応トリック写真ですから・・・(^_^;


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 00:05ジョーク

2012年07月07日

どんなマジック?空中浮遊

真面目な?話題が続いたんで、ネットで拾ったこんな記事を・・・。
こんなんあってもオモロイなぁ。



これが、ちょいとネタバレ画像↓↓↓



こちらも空中浮遊?の、オマケ画像。



こちらは「横顔」にも「正面」にも見える、少し複雑な加工をしたモノ。



街中に、こんなアートやユーモアが少しあってもいいかも。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:18ジョーク

2012年07月06日

贅沢なヒミツの味わい「巣蜜」

「甘党・辛党、どっちもかかって来んかい!」

味覚には全く自信ない自称エセグルメ派が、昨日新聞で発見したモノ。
それはそれは、見た目も実物も美味そうな「巣蜜」



ミツバチの巣をナイフで切り取り、金色に輝く蜜を巣房と一緒に戴く「巣蜜」。
食べ方は、パンに塗ったり砂糖がわりにコーヒーに入れたり・・・。


 ▲人気商品らしく、あちこちで販売されてる「巣蜜」

アップにすると、ケーキやゼリーにも見えます。
「生カステラ」みたいに、ヒットすれば類似商品も出回るのが常。
本物であれば、どこの商品であろうと旨そう♪

芳醇な味わいとやらを、一度は味わってみたい。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:45うまいもの

2012年07月05日

人生は奇跡!?映画「幸せへのキセキ」

もう直ぐ上映が終わりそうなんで、急いで駆け込み鑑賞の映画「幸せへのキセキ」。
使い古し気味のタイトルだが、「キセキ」がカタカナなっているのには意味がある。



「最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、
 実話から生まれた<奇跡>の物語」
ま、こんなキャッチコピー振られちゃストーリーは大方知れたモノ。
あとは展開やキャラクターを、どう調理していくかにかかる。

妻の死から立ち直れずにいた主人公が心機一転、動物園付きの邸宅に引っ越し、
飼育スタッフたちと力を合わせて困難な動物園の再建に奮闘する。
様々な困難や悲しみを乗り越えて、子供たちとの絆を取り戻していく実話の感動ドラマ。
監督・脚本は「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。
アカデミー脚本賞受賞の経験者だけに、素敵な台詞やシーンもたっぷり。



主演は「ボーン・アルティメイタム」「ヒア アフター」のマット・デイモン。
この処のマット・デイモン、出演作品の選択がなかなかナイス♪です。
イーストウッド監督の「ヒア アフター」等の、不思議な霊能世界も興味津々。
共演にスカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ。
出演者が個性的で存在感もあって楽しめるし、とりわけ娘役がキュートで可愛い。

「20秒の勇気」にまつわるシーンや、
言って貰いたい言葉を相手に言わせるゲーム等、ちょいとニンマリさせるし、
ラストの初デート再現シーンには子供たち同様ときめいて、その心優しい演出についホロッ。
観終わった後には満足感や幸福感がじんわり味わえる、キャメロン監督の新たな傑作!

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:58拡がる世界

2012年07月04日

小さな不満・大きな肥満

日テレの人気TV番組「踊る!さんま御殿」でも、
可笑しくも哀しい人間模様のエピソードがいろいろ披露されているが、
ネット上のこちらも負けちゃいない?

昨日の「バカ彼の別れの言葉10選」に続く、
笑える(ほんとは笑えない?)シリーズ第2弾!
同棲中の彼氏に不満たらたら「同棲相手への小さな不満10選」。


 ▲1970年代には「同棲ブーム」到来!映画や歌が大流行

■トイレットペーパーの切り口が嫌
 点線で切れよ!だって?
 ダイナミックな切り口を楽しんじぁえば?

■無精ヒゲが嫌
 勝手に伸びるんだから仕方ないだろ?休みの日位は、好きにさせろや。

■おならが嫌
 女性だって隠れてしっかりやってるだろ?
 おならが元気よく出るのは、快感だぜ~♪

■布団の温もりが嫌
 夏はお互い避けたいが、冬なら大歓迎。
 残り香が嫌になったら、二人の間は注意信号?



一緒に暮らすってのは、何かとウップンが溜まるもの。
他人の喧嘩や文句はくだらないもの、そんなに嫌ならとっとと別れれば?

◎「この人とは結婚ムリ!」同棲彼氏に対する小さな不満10選
http://magazine.gow.asia/love/column_details.php?column_uid=00001181

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 03:51笑って眠れ

2012年07月03日

「別れ言葉」に笑われる

忘れようにも忘れらない、言葉や人物がある。

「出来ない事を出来ないままで、放って置くことが本当のバカなんだよ」
「なぁに、その内み~んな笑い話になるさ」
「大丈夫。何事も何とかなるもんだよ」・・・
勇気を貰った言葉・癒された言葉・後になって心に響いてきた言葉。

別れても好きな人♪ 別れたら好きな人♪ 別れてもいない人♪ 別れようそんな人♪
別れたらただの人♪ 別れたくてもそんな人がいない人♪・・・
お付合いしたのなら、せめて相手には忘れられない位の想い出や傷を残そう。


ネットで見つけた「バカ彼の別れの言葉10選」。
「バカ彼」と言いながら、そういう彼を選んで付き合ったのも「バカ彼女」の証拠。face08

彼氏:「もう1度生まれ変わって、君を見つけるよ。その時は、もう離さない」
彼女:「見つけられないようにしよう」と、心に強く思いました。

彼氏:「辛くなったら、いつでも戻って来い。ずっと、ひとりでいるから」
彼女:お前みたいな勘違いヤロー、ずっとひとりなのは当たり前だ!


 ▲銀河系まで飛んでいけ!

これはもはや落語の世界!
もうちょっと二人の関係が永く続いて、
もうちょっと丁々発止のやりとりを聞きたいもんです。

◎なんじゃそりゃ!思わず笑ってしまったバカ彼の別れの言葉10選
http://magazine.gow.asia/love/column_details.php?column_uid=00001233  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:52震える言葉

2012年07月02日

ゴトゴト・シトシト・イライラ7月

1日夜に原子炉の運転を再開した関西電力大飯原子力発電所3号機が、
今日午前6時、原子炉内で核分裂反応が連鎖的に起きる「臨界」に。
いよいよ、原発が再稼働に向けて動き出した。

国内の原発50基全てが停止した「原発ゼロ」状態は、約2カ月で終了。
この期間は、これから原発をどうするかを占う大切な転換期だったようと思う。
原発に関しては、まだその緊急対応策すら未決定のまま不安を抱えての再スタート。
同じ過ちを犯すような事態にならないのを願うのみ。

100

日曜日、朝から「生誕125周年記念シャガール展 愛の物語」をやっと鑑賞。



画家マルク・シャガール(1887-1985年)はユダヤ人としてロシアに生まれ、
フランスで活躍した、詩情あふれる作品で知られる20世紀の巨匠。
モスクワのトレチャコフ美術館とロシア美術館の貴重な所蔵品を中心に、
今回は油彩・水彩・版画など約100点が展示され、「ユダヤ劇場大壁画」も迫力満点。
会場も日曜とあって、作品の前には行列が出来る程の人気。
シャガールの愛の3部作と言われる「街の上で」「散歩」「結婚式」の内、
「結婚式」だけが未展示だったのが悔やまれる。


 ▲シャガール「散歩」

運転中からのガムを噛みながら鑑賞していたら、忠告と捨て紙を渡されました。
学芸員さんに「愛の三部作」についての質問を投げ掛けると、
親切で的確な対応に「きちんと勉強されているんだなぁ」と感心しました。



昨日も阪神は負け、またまた借金4。
連敗は出来るが、連勝はなかなか出来ないチーム力にイライラ。
天気だって澄み渡る青空もあれば、落雷轟く梅雨の季節もある。
我らの阪神タイガースの、梅雨明け宣言は何時になるのか?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 11:09人生いろいろ

2012年07月01日

Goodだぜ!映画「バッド・ティーチャー」

愛しのキャメロンちゃんを観に、いそいそと映画「バッド・ティーチャー」へ。



監督は「オレンジカウンティ」「ウォーク・ハード ロックへの階段」のジェイク・カスダン。
これ迄の作品チェックしてないし(長崎で劇場公開あったっけ?)
ノーマークの監督だったんで、ちょいと探偵気分で調査。
何と!父親が、傑作「白いドレスの女」の監督・脚本家のローレンス・カスダン。
その息子さんでした。2代続いての監督とは、イカスダン???

主演は「メリーに首ったけ」「チャーリーズ・エンジェル」等のキャメロン・ディアス。
共演がジャスティン・ティンバーレイク、ジェイソン・シーゲル。
キャメロンとティンバーレイクは元カレ・元カノ同士、といった三面記事的話題も・・・


▲仕事のためなら・・・

その脇でジェイソン・シーゲルが、おっとりした役柄で儲け役を演じています。


 ▲ジェイソンと言っても殺人鬼じゃないよ

映画のキャッチコピーが「キレイゴトじゃ、幸せはつかめない」。
人生の目標は玉の輿、豊胸手術を夢見る自分勝手な不良教師を、
キャメロンちゃんが毒気たっぷりに怪演、かなりおバカなおふざけコメディ。
プレイメイトみたいなエロチックな洗車シーンに、男共はみんなビンビン↑
元カノ・元カレが服を着たまま演じる〇〇〇シーンと共に、この映画のハイライト。
謎めいた同居人らしき男の、これまた意外な役処と恐喝ネタの写真もオモロ~(^-^)

ふて腐れ気味で全くやる気の無い教師ってのは、
この前も「幸せの教室」でジュリア・ロバーツが演じたばかり、今注目のポジションなのかな?
一昔前なら不良生徒が多い学校に若くて頑張る教師が赴任して来て、
学校を立て直し生徒を改心させる学園ストーリーが主でしたが、
今荒れているのは教師の方、生徒がビックリ!の設定。

まぁ、今回も途中からは俄然やる気満々の面も見せ、最後はハッピーエンドが定番。
ニヤリ!とする結末は、観てのお楽しみ♪

◎映画「バッド・ティーチャー」予告篇


キャメロンちゃんについて、少々。
モデルあがりのナイス・ボディと、小悪魔的かつ天真爛漫なキャラが魅力の女優。
1994年「マスク」で登場した頃は、1年と持たないだろう・・・と言う輩もいたが、
どっこい!コメディ中心にシリアス作品もこなし既に18年。
でも、そろそろ人生も・お肌も・役柄も・曲がり角?の難しい時期を迎える。
身体だけじゃないわ!と、これからどんな魅力的な熟年女性に化けていくのかな?


 ▲若かりし頃のキャメロンちゃん、キュートだろ?

A級ではないし、B級いやC級?クラスの可笑しな映画ではあるけれど、
キャメロンちゃん目当てや仲間とワイワイ観る分には、結構笑える映画でした。

◎キャメロン・ディアス:勝手にお奨め作品
「普通じゃない」 (1997年)          普通じゃないストーリーがGood!
「ベスト・フレンズ・ウェディング」 (1997年) 男の横取り作戦、好みのタイプはどっち?
「クリスティーナの好きなコト」 (2002年)  オイラの下ネタの好きなコト
「イン・ハー・シューズ」 (2005年)      これは脚本・監督の勝利!タメになる?
「ホリデイ」 (2006年)             話もオモロイが共演者だけでも楽しめます♪

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:01震える~シネマ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年07>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人