スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年06月13日

正義の味方、映画の見方

キネ旬の人気コラム、大高宏雄氏の「ファイト・シネクラブ」。
今回のテーマは「映画をまっとうに観るつまらなさ」、これにまたオイラは共感!



「夜更かし中年隊」は直ぐに共感する奴だ!と思う人もいるだろうけど、
普段から感じてる事・思ってる事が文章になると、「我が意を得たり」と歓喜。face02
何せ、根が単純・単細胞だからね♪face03

コラムの内容はというと、公開中の「幸せの教室」を巡る見方の多様さ。
「幸せの教室」は、以前にこのブログで取り上げた作品。
http://hayaoki1951.noramba.net/e232631.html

この映画のストーリーを簡略すると・・・
ラリーは長年勤めていたスーパーを、大卒でないことを理由に突然クビになる。
再就職もままならず、短期大学に入学したラリーはそこで
教えることへの熱意をなくした女性教師や、年齢も境遇も違う個性豊かな生徒達と出会う。
様々な触れ合いで、次第にキャンパス・ライフをエンジョイしていくラリー。
人生の再出発と仲間達との交流や教師との恋を描くヒューマン・ドラマ。



大学の授業の内容があいまい、授業と就職活動との関連性がよく解らない・・・
オイラだってソレは感じたし、大卒でないからクビになる理由だってよく解らない。
理詰め・理屈・リアリズム視点で観ると、破綻しているかも知れない。
それでも視点を変えれば、楽しみ方はいろいろあるのだ。

話は確かに甘いし、辻褄が合わない調子いい処も多い。
それでも楽しめたのは、キャラクターの多様さや粋な台詞・ジュリアの表情など等。

映画に限らずTVや本や絵画でも、似たような悩みはある。
この作品はどうやって見ればいいのか?どう向き合えば正しいのか?
どうしたら楽しめるのか?どう読んだらいいのか?

その点、映画は総合芸術なのでスターでも演出・音楽・美術・風景・台詞でも楽しめる。
見方・楽しみ方はいろいろ、観る人の許容範囲次第の処がある。


 ▲芸術・絵画・好き嫌いも多様化

大高氏のコラムでは、こう締めくくる。
「映画をあまりまっとうに観る傾向が、最近強い」
「映画に散りばめられた破片のような魅力が、なおざりにされている」
「遊び・脱線の破片のような魅力は、映画にとって大切な要素。
 そのかけらを面白いと感じる感覚が、摩滅しつつある」

趣味・趣向は各人違うから、バラエティ豊かな社会は成り立つ。
モノの考え方・捉え方は、どれが正しい・正義だと言えない処が楽しくて面白い。
多角的視点を持たないと、人生充分に楽しめない!?

100

映画専門チャンネル「WOWOW」のキャッチコピー。
ワインも映画もあとに残る味わいが、いちばん大事なんだ

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 09:16人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人