スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年01月03日

箱根駅伝に見る頑張りの源

何でも一生懸命頑張ってる人を見ると、
応援したくなるのは勿論、つい涙もろくなってしまう。

2日より始まった新春恒例「箱根駅伝」往路。
様々なドラマを抱え、任された区間を走る選手達。



小さい頃身体があまり丈夫でなかったが、
お爺ちゃんと一緒に毎日数キロを走り、小学校時代はマラソン大会でいつも優勝。
今箱根駅伝で走れるのはお爺ちゃんのお陰・・・と頑張る選手。

何としても早稲田に入り、代表選手として箱根を走りたい・・・
一浪して念願の早稲田へ入学!
それでも、箱根を走れるのは選ばれた選手だけ。
浪人時代には勉強とマラソンの両立に苦しんだ。
ソレを思えば様々なプレッシャーは乗り越えられる、と感じられる。
入学と箱根駅伝代表選手という、2つの夢を実現して走る選手。

選手の中には、東洋大の柏原のように
自分の区間記録を自分で塗りかえる天才的選手もいれば、
不屈の小さな努力が実を結び、夢へとたどり着いた選手もいる。


 ▲天才ランナー 東洋大柏原選手

5区で見せた、2位早稲田大と3位明治大のデッドヒートも凄かった。
まさに抜きつ抜かれつ、2度3度の熾烈な逆転劇。

東京農業大の5区ランナー、津野選手の頑張りも素晴らしかった。
箱根駅伝一番の上り坂を、果たしてゴール出来るのだろうか?
と思わせたが、TV放送時間内には間に合わなかったが見事完走!
沿道の応援も、最後の選手まで残ってくれてたのが印象的だった。

3日の「箱根駅伝」復路は、どんなドラマが展開するのだろう?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 01:15人生いろいろ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人