スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2011年11月08日

もっと声に出して笑える日本語

数年前ベストセラーになりましたね、齋藤 孝著「声に出して読みたい日本語」。
「祇園精舎の鐘の声」 「手前持ちいだしたるは、四六のがまの油」「生麦生米生卵」・・・
声に出したくなる古典の名句や口上・早口言葉等を集めた視点が面白い本。
「日本語の宝石」とも言われるこうした言葉は、
暗誦することで言語感覚を養い、心と身体を鍛える訓練法にもなってたらしい。

その流行に便乗した?洒落たタイトル「声に出して笑える日本語」。
作者は立川談四楼(タテカワダンシロウ)。


 ▲落語の世界は奥が深い

1951年の群馬県生まれ。(同じ還暦じゃん!)
立川談志に入門し、1983年に立川流落語会第一期真打。
真打昇進試験を題材にした「屈折13年」で文壇デビュー。
アナウンサーの言い間違や思わずニヤリ!の下ネタ・味わい深いセリフなど
耳を澄ませて笑える日本語を集めた本が「声に出して笑える日本語」。
「落語家にして小説家でもある著者ならではの耳の付け所が冴え渡る!」と評判になった。

【送料無料】声に出して笑える日本語

【送料無料】声に出して笑える日本語
価格:740円(税込、送料別)



そして、先日のNNS新聞「春秋」欄で「もっと声に出して笑える日本語」の記事発見。
お題は「面白い日本語」、気分転換にしばしお付き合いを・・・で始まり、
言い間違いの言葉から世相を読み取る切り口に思わず喝采した。

「代わりの者が参ります。」を「変わり者が参ります。」
「部長はまだ出社しておりません。」が「部長はまだ出所しておりません。」
決起集会で「みんな一糸まとわぬ団結心で頑張ろう。」(それって裸じゃん!)
社長の訓示「もう後戻りは出来ない。すでに匙(さじ)は投げられた。」(じゃあ、ダメじゃん!)
・・・なんて突っ込みで笑わせてくれる。


 ▲一糸まとわぬ・・・とはこの事。

「一糸まとわぬ団結心」は「一糸乱れぬ団結力」、
「匙は投げられた。(手を引く)」は「賽は投げられた。(断行するほかはない)」
まともに言ってるつもりが、つい口が滑って本音が漏れる?
職場も組織も、誇り方・くくり方を間違えないようにしよう!と締めくくる。

「ただいま地震が、地震が揺れています!」
「ウチの孫はアメリカにホームレスに行ってるんだ。」
「あたってくじけろ!」・・・見渡せば、何処にでも誰にでもありそうな迷言。
でも、それがアナウンサーや有名人の口から漏れると更に輝く?



パワーアップして再度登場の「もっと声に出して笑える日本語」。
確実に笑えてタメになる?傑作エッセイです。

立川談四楼オフィシャルサイトはこちら→http://www.danshirou.com/

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 05:35拡がる世界

2011年11月08日

芸術の秋「日展」東京で開催中!

中央の方で、日本最大の総合美術展「日展」が開催されている。

「日展」は、明治33 年海外の優れた文化事情に触れたオーストリア公使牧野伸顕が、
「日本も文明国として、世界に誇れる芸術文化を育成したい。
 日本の美術の水準をもっと高めたい。」との願いから、
明治40 年に「第1 回文部省美術展覧会」を開催したのが始まりとされる。
以来、時代の流れと共に「帝展」「新文展」「日展」等に名称を変更しながら、
104年間日本の美術界をリードし、近代日本美術の発展に大きく貢献してきました。
文化への造詣の深さが、人となりをよりスケールアップさせてくれます。

10月28日~12月4日まで国立新美術館で開催される「第43回 日展」では、
会期中に芸術の秋を楽しんで貰おうと、多彩なイベントも開催されています。
  作品の背景と美術の本質を解り易く解説する「映像による講演会」、
  1人からでも解説が受けられる「ミニ解説会」、
  出品作家たちとゆっくり鑑賞出来る「日展らくらく鑑賞会」、
  15名前後の団体を対象に作品解説を行う「グループ作品解説」、
  「親子鑑賞教室」等・・・
作品解説を受けながら鑑賞すると、芸術の奥深さ等も味わえより楽しめます。



美術館と言うとお高いイメージもありますが、
色んな企画や努力で集客アップも図られつつあるんですね。

これも東京での話ですが、
午後4時から6時迄の「トワイライトチケット」は、時間限定入場が300円になる特別プラン。
1枚1800円の「ペアチケット」は2回分入場できるので、
2人行くのもいいし、会期中2回行きたいって人にとってはお得なチケット。
また、11月12(土)日は「日展の日」となっていて 入場無料になっています。
とても遠い東京まで、「日展」鑑賞には行けそうもありません(T_T)

こうした割引特典やサービス、是非ローカルでも実施して欲しい!
長崎でも一時、「トワイライトチケット」が発売された展示会がありましたが・・・(^_^;

日展は 「日本画」 「洋画」 「彫刻」 「工芸美術」「書」の5部門からなり、
巨匠たちの作品を筆頭に若手美術家の登竜門にもなっている、日本を代表する美術展。
「院展」「二科展」 「二紀展」・・・等と共に、
日本美術界をリードし歴史と伝統を積み重ねてきました。
北九州辺りまでなら、ドライブがてらに結構通っています。

九州では、来年平成24年3月29日(木) ~4月15日(日)福岡市美術館でのみ開催予定。
招待券や前売券情報を、ネットやマスコミで早目にキャッチしておこう。

第43回日展の詳しい情報はココ↓
http://www.nitten.or.jp/special2011/index.html  


Posted by 夜更かし中年隊 at 01:41拡がる世界
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2011年11>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人