スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年12月25日

「十字架」を背負って生きる!?

あいつの人生が終わり、僕たちの長い旅が始まった。
「どんなふうに、きみはおとなになったんだ。教えてくれ」
あいつの自殺から二十年、僕たちを決して許さず、
ずっと遠いままだったあのひととの約束を、僕はもうすぐ果たす。
  ~本帯~

第44回 吉川英治文学賞受賞作、重松 清著「十字架」。



いじめを苦に自殺してしまった中学生と、それに関係した人達の辛い話。
特にこの物語は、自殺して時が止まった中学生ではなく、
残された者:成長していく同級生や両親・兄弟そして取材記者等の
20年にも及ぶ苦悩とこれからの人生にスポットライトが当てられてる。
一つの死を巡り、訴えかけてくるものが凄く重くて大きい。

人を責める2種類の言葉「ナイフの言葉」と「十字架の言葉」。
「ナイフの言葉」は胸に突き刺さるが、一番痛いのは刺された瞬間、
「十字架の言葉」は背負い続けないといけない言葉、だから降ろせない。

読み終わった後に、思わずスウェーデン「森の墓地」がどんな所か知りたくなります。
グレタ・ガルボも眠る森と湖に囲まれた墓地で、
1994年にはユネスコの世界遺産に登録されています。



◎「森の墓地」スウェーデン
http://www.zenyuseki.or.jp/this_and_that/world/sweden

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:52震える一冊
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
※カテゴリー別のRSSです
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人